「探し人の最寄駅はわかっているものの、住所がわからない」「後をつけたらストーカーになってしまう。自分では住所調査ができない」などとお困りの方はいらっしゃいませんか?

最寄駅からの住所調査を依頼されるケースは、決して少なくありません。いくつか実例を見てみましょう。

探偵は、こういったお悩みを解決するため、最寄駅からの住所調査を行っています。最寄駅から住所調査完了までの一連の流れを見ていきましょう。

最寄駅から住所調査を行う前に、探偵が行う準備とは?

最寄駅の情報から住所調査を行うためには、準備が必要です。

  • 探し人に関する情報を収集・整理する
  • 探し人の周囲に関する情報を収集・整理する
  • 最寄り駅の情報が真実かどうかを確認する

最寄駅に関する情報があるとしても、必ずしも真実とは限りません。「似た人を見かけた」「友人から聞いた」といったレベルであれば、勘違いの可能性もあります。

最寄駅の情報は重要な証拠になりますが、過信は、調査を混乱させる元です。

探偵は探し人の情報と探し人の周囲に関する情報を、データ調査や聞き込みなどで集めると同時に、最寄り駅であると断定できる証拠を集めていきます。

住所調査をスムーズに進めるために、依頼主がやるべきこと

住所調査をスムーズに進めるためには、依頼主が情報を整理し、必要な情報を探偵に伝えることが大切です。

  • 氏名
  • 住所(過去含む)
  • 電話番号(過去含む)
  • メールアドレス
  • 出身地
  • 外見
  • 体格
  • 所有する車
  • 交友関係
  • 恋愛関係
  • 勤務先
  • 通学先
  • 趣味
  • よく立ち寄っていた場所
  • 過去の経歴
  • 出会った場所・日時
  • 最後に会った場所・日時
  • 会話の内容
  • 探し人との関係

上記の情報を整理し、探偵に尋ねられたときに答えられるようにしましょう。また、上記以外でも、気になることや伝えておいたほうが良いと感じることがあれば、どのような些細なことでもためらわず伝えるようにしてください。

依頼主が気づいていないようなひとことが、思いがけないヒントになる可能性があります。

調査中の事実を相手に知られたく無い場合は、発言・行動を控える

最寄駅から住所調査を行いたい相手が「配偶者の浮気相手」「お金を貸していた相手」などの場合、あなたが相手を探していることに気付いた時点で行方をくらます可能性があります。

どれだけ信頼できる友人・知人であっても「探偵に依頼した」「◯◯さんを探している」などの発言は控えましょう。別の友人と話していた際に、探している人物の名前が出た際も、飛びつくのは危険です。その友人伝いに、本人に伝わってしまう可能性があります。

その場合は友人と別れた後、探偵にすぐに連絡を入れてください。探偵が、相手に絶対に気付かれない手段で、友人と接触し、探し人の情報を入手します。この方法は企業秘密であり、ここには記載できませんが、合法的な方法のため、どうぞご安心ください。

探し人のデータを入手後、探偵は最寄駅を張り込み→尾行を行う


探し人のデータを入手し、最寄駅の情報が本物であると言い切れる状態を作り上げた後に、探偵は最寄駅での張り込みを開始します。そして、探し人本人が現れたら、尾行に移り、自宅を突き止めることが一連の流れです。

他の調査に関しても言えることですが、友人や知人、恋人の家に立ち寄っただけだったなどのミスが起きないよう、表札や周囲への聞き込みなどを行い、確実に本人が住んでいる場所である証拠を得ます。

プロの探偵は、念には念を入れて二重三重の確認を行った上で、調査報告書を作ります。どうぞご安心ください。

探偵が断る、最寄駅からの住所調査もある?

最寄駅の情報からの住所調査に関しては、どのような内容であっても探偵が引き受けるというわけではありません。

大きく分けますと「犯罪行為」「違法行為」「全く面識のない人物」等は、人探し・住所調査問わず、引き受け不可です。

例えば「一目惚れをした相手の家を知りたい」「偶然、アイドルの●●さんを見かけたから家を知りたい」「お金持ちの家の人物なら、営業に行きたいと思っているので家を知りたい」などの依頼はお断りさせていただきます。

より詳しい内容につきましては、別ページ「探偵はどんな人探しでも受けるの?合法・違法行為になる人探しとは」にて記載しています。一度、お目通しください。

また人探しを引き受けない時点で、その先にある住所調査を引き受けることもありません。あしからず、ご了承ください。

合法的な依頼の場合、最寄駅+他の情報を合わせることで、住所調査は可能

最寄駅は、自宅を絞る上で重要なキーワードのひとつです。地域がある程度確定することで、探偵も動きやすくなり、実際の調査期間も短縮できる可能性が高いと言えます。

しかし、その一方、最寄駅は、多くの人が把握できてしまう情報でもあります。だからこそ、取扱には注意が必要であり、探偵に依頼する際にも「どうして調査を依頼したのか」という部分をしっかりと尋ねられるとご理解ください。

この点をしっかりと話を聞く探偵事務所は、真摯に調査に向き合っている探偵事務所とも言えます。依頼主の権利だけを声高に告げ、調査される側の権利を無視するような探偵事務所が、良い調査ができるとは言い難いものです。

もちろん、探偵事務所SATは、依頼主の情報保護はもちろんのこと、調査対象者に対しても一定の配慮をした上で、調査を進めていますので、どうぞご安心ください。

最寄駅が判明していることは、人探し・住所調査において、重要なデータです。本人と遭遇し、得られたデータであればなおさらと言えます。このチャンスを逃さないよう、まずは一度、探偵事務所SATの無料相談をご利用ください。あなたからのご相談、お待ちしています。