「名前だけしかわからない」といった状態での、人探しと聞くと「無理でしょう?」「いくら探偵でも名前だけでは・・・」と感じる方が多いかもしれませんね。しかし、実際には名前だけしかわからない状況での依頼は、決して少なくありません。

もちろん人探しをする以上、情報は少ないよりも多い方が良いものです。

しかし、実際には名前だけしかわからないケースであっても、人探し自体は不可能ではありません。

名前だけしかわからないケースでも人探しが不可能ではない理由と、探偵が名前だけで住所を特定するための調査方法について、詳しくご説明します。

名前だけしかわからない場合も、探偵は依頼理由から情報を得る

「名前だけしかわからない人物を探して欲しい」という依頼があった場合、探偵は、必ず依頼理由をお尋ねします。

まずは依頼理由の具体例について、見てみましょう。

しかし、依頼主は「名前だけしかわからない」と思っていたとしても、実際に内容を尋ねることで様々な情報を得ることができるケースが多いです。また、探偵は調査のプロであり、ヒアリングのプロです。様々な角度から質問し、依頼主から必要な情報を聞き出します。

名前だけしかわからないときに、提供可能な情報とは?

例えば、実際に会っているのであれば

  • おおよその身長や体重、体格などの特徴
  • 喋り方の特徴(方言など)
  • 出会った場所
  • 出会った日時
  • 会話の内容(趣味や仕事、家族や友人のことなど)
  • 連絡先(携帯電話番号やメールアドレス)
  • 知り合ったきっかけ
  • 交友関係

などの情報があるため、探偵はこれらの情報を整理した上で、調査計画を立てます。

もし、出会い系サイトやインターネットを通じてのやりとりしかしていない場合だとしても、諦める必要はありません。

  • 出会ったサイト
  • 連絡先(携帯電話番号やメールアドレス)
  • 会話の内容(趣味や仕事、家族や友人のことなど)
  • 顔写真
  • 相手が送ってきた写真
  • 相手のSNSのID

上記の内容も、立派な情報です。

この他にも、依頼主が特に意識していないようなことの中に、調査に必要なヒントが隠れているケースは少なくありません。何より大切なのは「なんとしてでも、相手を探し出したい」というあなたの気持ちです。

得た情報を元に、探偵は人探しを開始する

依頼主の記憶をたどり、なおかつ探偵の質問内容を元に出てきた情報を組み合わせた上で、探偵は人探しを開始することができます。

「名前だけしか知らない」と言われる方の多くが、名前以外の様々な情報を持っていることが多いため、過剰に心配する必要はありません。

また、いくら同姓同名が多いとはいえ、正確な名前を知っているかどうかは、人探しをする上で重要です。依頼主から得た情報を元に、探偵は情報調査や聞き込みなど、状況に応じた方法で調査を開始します。

母校が分かれば、恩師や同級生につながります。アルバイト先が分かれば、同僚や雇用主につながります。人は、様々な場所で色々な人間関係を形成しているため、ひとつのルートが途絶えたとしても、他の方法で探ることは、そう難しいことではありません。

もちろん、独自の情報網と聞き取りを行った上での調査が可能となるのは、プロの探偵だからこそです。探偵が人探しを行う際の方法など、より詳しい内容につきましては、別ページ「所在調査・人探し」をご覧ください。

人探し+住所調査の依頼も対応可能

人探しを依頼する際の依頼主のご希望は、ケースバイケースです。

ここで、少し具体例をご紹介しておきましょう。

基本的には、いずれのケースであっても、探偵は引き受け可能です。ただし、住所を調べるためには、新たに尾行や聞き込みが発生します。

そのため、正確な住所かどうかの確認や確実に本人がその場所に住んでいるかどうかを知りたいとのご依頼に関しましては、住所調査・身元調査となり、別料金が発生するケースもあります。この場合、依頼する探偵事務所によって、料金設定も異なるため、必ず確認するようにしましょう。

探偵は全ての人探し+住所調査を引き受けるわけではない

ただし、他のご依頼の際にもお伝えしていることではありますが

  • ストーカー目的、DV目的に関するご依頼
  • 憧れの芸能人の住所が知りたいなどのご依頼
  • 犯罪や違法行為にまつわるご依頼

に関しては、法律に基づき調査を進めている探偵が、引き受けることはありません。「ストーカーやDV目的であることを隠して依頼すれば良い」と思われる方も、少なからず存在するようですが、多くの調査依頼を受けているプロの探偵は、ほんの少しの違和感等から、嘘であることを見破ります。

また、虚偽の依頼であることが判明した段階で調査は中止となります。「言わなければバレない」など、安易に考えることなく、違法行為や犯罪行為に関するご依頼はお控えください。

名前が偽名でも、他の情報と組み合わせることで調査は可能

学生時代の友人や同僚の名前であれば、偽名である可能性は低いです。しかし、出会った場所や状況によっては、相手が偽名を名乗ったケースもゼロではありません。

出会い系サイトやナンパで知り合ったケースであれば、必ずしも本名を告げる必要はないためです。

偽名の可能性も踏まえ、探偵は、相手と出会った場所や出会った状況について、詳しく質問することが一般的です。また仮に偽名である可能性が高いとしても、他の情報(身長や体格、出会った場所など)が正確であれば、別の方向性から調査を進めることができますので、ご安心ください。

探偵の人探しルートは多種多様!名前だけしかわからない場合も、まずは相談を

まず、私たちがお伝えしたいのは「名前だけしかわからない」と悲観することは、全くないということです。なぜなら、名前は立派な情報であり、実際の調査においても大変重要な役割を果たしています。

また、人探しを依頼するケースは多種多様であり、中には偽名の可能性が浮上することもあります。しかし、その場合も、可能な限り名前以外の情報を集めた上で、依頼主の目的を達成するために調査を進めます。

しかし、だからといってどのような条件下においても、100%人探しを成功させることができるというわけではありません。情報量や条件により、成功率は変動することをご理解ください。

その上で、一度、探偵事務所SATの無料相談のご利用をご検討ください。探して欲しい人物と連絡が途絶えた時期や状況といった個別の事情・情報をお伺いしていない段階では、いくらプロの探偵とは言え、調査計画を立てることはできません。

もちろん、強引な契約や無理な勧誘を行うことはございません。

「自分のケースでも人探しは可能なのか?」「名前以外に思い出せることがあるだろうか」といった疑問、不安を抱えておられるのであれば、一度、相談だけでもしてみませんか。

探偵事務所SATでは、お話をお伺いした上で、具体的な成功率や調査に必要と考えられる日数等、具体的な費用についてもご説明いたします。

実際に調査を依頼するかどうかは、一度相談した上で考えたとしても、決して遅くはありません。あなたのご相談、お待ちしています。