「連帯保証人にサインをしたら、相手が夜逃げした」「お金を貸した相手と連絡がつかない」など、友人、知人など親しい関係の人物との金銭トラブルによる人探し依頼は後を絶ちません。

親しい相手だからこそ信頼してお金を貸しているにも関わらず、裏切られた悔しさや悲しさは、余計に大きなものです。

しかし、ここで諦めてしまったり、泣き寝入りしてしまったりしては、相手の思うツボです。

ここでは、探偵に借金・債務者・金銭トラブルによる夜逃げ、失踪者を依頼するための事前にやるべき内容と、探偵が探し出すために使う方法をご紹介します。

金銭トラブルでの夜逃げ・失踪は、探偵に捜索依頼する前に「借用書」の存在は必ず確認しておこう

金銭トラブルが元で、夜逃げ・失踪した人を探す目的は「お金を返してもらう」ことですよね。しかし、いくら探偵に依頼し、探し出すことに成功したとしても相手が「お金なんて借りていない。証拠はあるのか」と開き直ってきた場合、せっかく探したとしても、返済を要求できないケースがあります。

まずは、借用書の存在をもう一度確認しておきましょう。

しかし、友人だからと借用書を作成していない場合は、自分以外にもお金を貸している人がいないかどうかを探してみましょう。夜逃げや失踪をするレベルの金銭トラブルを抱えているのであれば、あなた一人から借金をしただけということはありえません。

協力者を探しておくことが、探し人発見後の目的解決につながります。

借金・債務者・金銭トラブルの夜逃げ・失踪、探偵に依頼する前に、依頼主がまとめておきたい情報リスト

借金・債務者・金銭トラブルでの夜逃げ、失踪の場合、一刻も早く見つけたいと気持ちが焦りがちですが、そのようなときこそ、提出する情報を整理しておくことが大切です。

探している人物の情報リストは、次の通りです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 携帯電話番号
  • 写真
  • 家族構成(氏名・年齢)
  • 勤め先(または通っている学校)
  • 出身地
  • 実家住所
  • 実家の連絡先
  • 所有している車やバイク(車種やナンバーも)
  • 趣味
  • よく立ち寄る店
  • ギャンブルやお酒など嗜好品の好み
  • 交友関係
  • 異性関係
  • 聞いたことがあるよくない噂(噂話程度でOK)
  • 失踪(夜逃げ)前に残して行ったもの(メモ、手紙など)

さらに、借金や連帯保証人に関する情報も重要です。

  • 借金(連帯保証人)を申し込んできた時期
  • 借金(連帯保証人)を申し込んできた理由
  • あなたが貸している金額
  • 他にも貸している人物の有無
  • 借金の総額(おおよそでも可)
  • 当初の返済計画
  • 当初の返済予定日
  • 一度でも返済されているか?全く返済されていないか?

その他、探し人に関する情報や金銭トラブルに関する情報は全て書き出し、探偵に伝えるようにしましょう。

借金・債務者・金銭トラブルで夜逃げ・失踪した人物を探す方法とは?依頼主が自分でできる?

夜逃げした人物であっても、住民票を異動しているケースは意外と多いものです。「夜逃げするほど切羽詰まっているのに?」と思われるかもしれませんが、住民票をそのままにしておくと、子どもが学校に通えない、有効期限後の保険証が使えなくなるなどのデメリットも大きいためです。

夜逃げしてから1ヶ月など、ある程度の期間が経っている場合は、一度住民票を確認すると良いでしょう。ただし、これは探偵が行うわけではありません。

「借用書」の存在があれば、住民票を確認できる権利が発生するため、依頼主が個人で行うことができます。その際は、身分証明書もお忘れなく。

しかし、夜逃げであっても住民票を必ずしも異動させているとは限りません。また、異動させた先と、実際の居場所が異なっているケースも多いです。さらに住所がわかったからと直接乗り込み、相手に気づかれて逃げられることもあります。

失踪であれば、そもそも住民票を異動していないため、手がかりが格段に減ります。周囲に聞いても、中には失踪者の味方がいるかもしれません。

依頼主が自分一人の力で夜逃げ・失踪した人物を探し、返済を迫るのは難しいと考え、あくまで参考程度に捉えておきましょう。

探偵が夜逃げした人物を探すために行うこと

依頼主が住民票を請求し、異動先の住所が掲載されていた場合は、探偵は確認のため現地に出向きます。張り込みや聞き込み等を行い、本人であるかどうかの確認や、現在の生活状況(働いているのか、生活水準はどれくらいかなど)の確認を行うことになります。

周囲の目を気にして生活しているようであれば、さらに別の場所に移動する可能性も高く、油断できません。また逆に、別人を名乗りのびのびと暮らしているケースもあります。こういった場合は返済能力があるにも関わらず逃げているケースが多いです。

一方、住民票を異動していない状態の場合は、データ調査や周囲への聞き込み等を中心に、ある程度行き先を絞り込むことになります。例えば、夜逃げした人物に子どもがいる場合、子どもは引っ越しをすることを周囲に話している可能性も高いです。こういった部分からも、情報を収集し、居場所を探り当てていきます。

探偵が債務者や金銭トラブルによる失踪者を探すために行うこと

夜逃げとは、家財道具などを引き払ったり持参したりして完全に引っ越してしまうことですが、失踪の場合、基本的に住居はそのままで、本人だけが逃走することを言います。

もし、多額の借金を理由に第三者に無理やり連れ去られたなど、事件性が高い場合は警察に捜査を依頼することができます。しかし、本人の意志による失踪であれば、警察に依頼しても望むような結果は得られないでしょう。

警察が動く範囲についてより詳しい内容が知りたい場合は、別ページ「警察が動く人探しとその方法とは?警察が動かない人探しはどうする?」をご覧ください。

しかし、探偵はデータ調査や周囲への聞き込みを行い、目星をつけていきます。実家に帰省したり、過去に住んでいた土地勘のある地域に行ったり、はたまた都会の喧騒に紛れたりと、様々なパターンが考えられますが、すでに手に入っている情報と組み合わせ、計画的に調査を行いますのでご安心ください。

ただし失踪直前の様子が、あまりに思い悩んでいるようであれば自殺などの可能性も考えられます。単独での失踪は、一刻も早い行動が必要です。

所在調査だけでなく、相手にお金を返済してもらいたい!探偵に回収を依頼することは可能?

通常の人探しと異なり、相手の居場所を知ることだけが目的ではないのが、金銭トラブルに関する人探しです。「居場所を見つけたら、借金を返すように言って欲しい」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、探偵は、依頼主に変わって借金返済の請求をすることはできません。

しかし、所在調査をした上で、生活状況を調べることは可能です。

例えば、夜逃げ、失踪の後

  • 高級マンションに住んでいる
  • 高級な車を乗り回している
  • 働いている様子がないのに、羽振りが良い
  • 毎日のようにパチンコなどのギャンブルに出かけている
  • 毎日のように外食をしている

といった生活状況が確認できた場合、証拠として全て残すことができます。こういった証拠を集めることで、いざ依頼主と対面した際に「お金がないから払えない」といった言い訳を封じることができます。

探偵に住所調査を依頼し、郵便にて裁判書類を送ることも可能

相手に返済の意思がない場合は、簡易裁判を起こし訴えることもできます。この場合、まずは探偵に住所調査を依頼しましょう。郵便物が届く状態であることを確認できる状態にすることで、いざというときに、スムーズに次の行動に移すことができます。

借金・債務者・金銭トラブルの夜逃げ・失踪者の人探しは、相手に気付かれないことが重要!

通常の人探し以上に、夜逃げ・失踪者の場合は、絶対に相手に気付かれることなく、調査を進めなければいけません。気付かれてしまっては、別の場所に逃げる可能性が高く、調査も一からやり直しとなってしまいます。

「自分でも人探しができる」と思ったものの、調査をしている段階で相手に気付かれてしまったケースや、周囲に相手の協力者がいるケースも少なくありません。また、一素人が完全に気配を消し、相手や周囲に悟られることなく人探しを行うことは、不可能です。

誰に聞き込みをするのか、どうやって情報を集めるのかといった部分の経験や知識がなく、勘頼りになってしまうでしょう。

こういった面からも、特に金銭トラブル、借金などに関する人探しは、プロの探偵に任せることを強くおすすめします。

夜逃げ・失踪に関する人探しは、プロに依頼!早急に探偵事務所に相談を

金銭トラブル、借金、夜逃げ、失踪といったキーワードが関係する人探しは、通常の人探し以上に複雑であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

相手は確固たる意志を持って夜逃げ・失踪をしているわけですから、見つかることを恐れ警戒しています。

素人が簡単に探そうと思っても、なかなか探せるものではありません。さらに、仮に発見できたとしても、またすぐに相手に逃げられてしまったり、しらを切られてしまったりしては意味がありません。

探偵事務所SATでは、単に人探し、所在調査だけでなくお金を取り戻すためにはどういった情報を集めておくべきかなど、総合的な立場からアドバイスや調査を行います。相手の所在がわからず困っている、どうすれば良いかわからないといった方は、まずは一度探偵事務所SATの無料相談にて、現在の状況をお話ください。

依頼するかどうかは別の話だと思っていただいて結構です。探偵事務所SATは、無理に契約を進めることも、契約を急かすようなこともありません。

今の自分の状況を整理するため、今の段階で見つかる可能性があるのかどうかを知りたい、など、あなたの事情に合わせて、無料相談をご活用ください。