探偵は様々な人探しの相談・調査をしてくれる存在ですが、好きな人に対する調査は、一体どこまで可能なのか、気になりませんか?

好きな人の調査、一目惚れの人探しの場合、一歩間違うとストーカーになってしまうことがあり、リスクの高い調査とも言えます。

ここでは探偵に好きな人・一目惚れの人探しを依頼しようとしている人向けに、依頼方法から、探偵の実際の調査方法までをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

探偵に依頼する前に、依頼主が注意すべきこととは?

「探偵に好きな人のことを調べて欲しい」「一目惚れした相手のことを知りたい」と思う気持ち自体は純粋なものです。

しかし、この場合、通常の人探しとは少し異なり「片思い」「一方的に知っている相手の情報を得たい」といった状態が多いため、通常の依頼に比べ、ハードルが高くなることが多いです。

まずは探偵に依頼する前に、依頼主が注意すべき2つのことをご説明します。

ストーカー目的での調査ではないことを、きちんと証明すること

「一目惚れの相手の情報を知りたい」という言葉だけを聞いた際に、あなたはどのような印象を受けますか?「純愛」「素敵」とポジティブに捉える人がいる反面、「一方的に相手のことを調べ、つきまとうのでは?」「家に押しかけるのでは?」「相手が嫌がっても、しつこくつきまとうのでは?」など、ネガティブな印象を持つ人がいることも事実です。

そもそも、探偵業法では、ストーカー目的や犯罪に関する依頼を受けることが禁じられていますので、法律を遵守している探偵であれば、受けることはありません。

「ストーカー目的ではない」と言い切れるのであれば、その理由を説明しましょう。

理由を説明するといっても、何を伝えればいいかわからないという方は、調査の目的と調査結果をもとにどうしたいのかといった内容を考えてください。

いくつか例をあげておきます。

調査の目的 調査結果を知ってどうするのか
片思いの彼に恋人がいるか知りたい 恋人がいなければ告白する。いるのであれば、相手を見て考える
数年前に別れて音信不通の元恋人が今、何をしているか知りたい 相手が独身であれば、復縁したい。既婚者であれば、何も言わず諦める
自分に告白してくれた相手がどんな人か知りたい 仕事や性格、家庭環境などを知った上で、付き合うかどうか決めたい

正当な理由があれば、探偵は納得し調査を引き受けてくれるでしょう。また、逆にストーカー目的にもかかわらず、上記の内容を告げた場合、どこかでウソがバレると考えておいた方が良いでしょう。

調査して欲しい内容を具体的に依頼すること

「好きな人の情報を知りたい」「一目惚れした人の、人探しを依頼したい」といった大きな依頼だけでなく、もう少し細かな内容も考えておきましょう。

  • 異性関係
  • 婚姻関係
  • 子持ちか否か
  • 仕事内容
  • 勤務先
  • 交友関係
  • 家族関係
  • 収入
  • 借金の有無
  • ギャンブルなどの趣味の有無

など、自分の知りたいことをまとめた上で、相談すると良いでしょう。中には人探しの枠を超え、素行調査・行動調査に入る部分もありますが、依頼段階ではあまり細かく考えず、知りたいことを率直に伝えることが大切です。

探偵は、違法性がないと判断した場合人探しをしてくれる

無料相談などの段階で、違法性がないと判断した場合、契約を結ぶことが可能になり、探偵は好きな人、一目惚れした人、初恋の人など様々な立場の人の人探しをしてくれます。

探偵が人探しを行う際の方法など、より詳しい内容につきましては、別ページ「所在調査・人探しのすべて」をご覧ください。

また素行調査・行動調査に関する詳しい内容についても、詳しく記載していますので、住所や所在地だけでなく、より詳しい情報を得たいとお考えの方は参考にしてください。

恋人、配偶者、子どもの有無も調査可能

人探しの依頼の場合、本人に対する情報だけを調べてもらえると考える人も多いですが、実際には調査対象者の恋人、配偶者、子どもの有無だけでなく、その人物がどういった人か、性格か、通学先、通勤先など様々なデータを集めることも可能です。

探偵業法に基づいて合法的に調査を行う探偵事務所の場合、別れさせ屋などの非合法な行為は行っていません。

しかし、例えば依頼主が「初恋の人が、今、結婚しているのかかどうかを知りたい。もし既婚者であれば、結婚何年めで子どもがいるかも調べて欲しい。夫婦が仲良しなら、会いに行くことはやめるけれど、そうではないならもう一度思いを告げたい」と言った場合、探偵は、調査の上、調査対象者とその家族の情報提供を行うことがあります。

「初恋の人の現在の暮らし、日常生活を知りたい」と考えること自体は違法行為とは言えません。また探偵側も、依頼を受けた上で、不法侵入などの犯罪を犯すことなく、家族の日常生活を調査すること自体は問題ありません。

好きな人などの情報を集めた上で、こうしたいといった内容がはっきり決まっている場合は、具体的内容を含め、探偵に相談することをおすすめします。

依頼する「好きな人」別の、提出すべき情報とは?

探偵に人探しや素行調査を依頼する際には、現在知りうる限りの情報を提出する必要があります。しかし「好きな人」とひとことで言っても、立場によって内容は変わるものです。

好きな人に対する情報を整理しておくことはいうまでもありませんが、他にも関係性別に探偵に伝えるべき情報があります。

いくつか、カテゴリを分けてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

初恋の人など、長年会っていない「好きな人」の場合

数年、数十年会っていない好きな人に会いたいと思った場合、最低限

  • 最後に会ったのはいつか
  • その時の2人の関係
  • 音信不通になった理由
  • 会いたいと思うようになったきっかけ
  • 居場所がわかったらどうしたいのか

上記の内容について、考えておきましょう。共通の友人や出身学校の情報などから、好きな人を探し出すことは可能です。しかし、会っていない年月が長くなればなるほど、時間がかかる可能性が高まるため、早めの相談がオススメです。

会社の同僚、婚活パーティで出会った人など片思いの「好きな人」の場合

全く見ず知らずの関係ではなく、何らかの接点はあるものの、それほど親しい関係ではない人の情報収集を依頼するケースの場合

  • 現在の2人の関係
  • 出会った場所
  • 出会ったきっかけ
  • 具体的に何を知りたいのか(恋人の有無?性格?仕事?)
  • 知った上で、どうしたいのか
  • 今後も会う機会はあるのか

上記の内容を考えておきましょう。ある程度の接点がある以上、相手の居場所や生活が特定しやすいことが多いです。ただし、自分の想定外の情報が出てくる可能性もあるため、ある程度の覚悟をしておきましょう。また、探偵事務所によってはカウンセリングや相談を熱心に行ってくれることろがあるため、利用すると良いでしょう。

一目惚れの相手など、相手が自分のことを知らない「好きな人」の場合

カフェの店員、電車の中で出会った人物など、相手はおそらく自分のことを認識していないが、思いを募らせているケースも想定されます。

その場合も

  • 出会った場所
  • 出会ったきっかけ
  • 具体的に何を知りたいのか(恋人の有無?性格?仕事?)
  • 相手と会った(同じ空間にいた)回数
  • 会話の有無(あるなら内容)
  • 知った上で、どうしたいのか
  • 今後も会う機会はあるのか

といった情報をまとめておきましょう。

探偵に相談する段階で、すぐに「自宅を調べて欲しい」等の話をすると、ストーカーと勘違いされ、断られるリスクが高まります。そういった事態を防ぐためには「付き合いたいので、恋人の有無を調べて欲しい」など、具体的な内容を話すことが最も重要と言えます。

探偵は好きな人の人探しにも対応可能!まずは一度、探偵事務所に相談を

「好きな人のことを知りたい」と言っても、内容や状況など、様々なケースがあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

探偵事務所SATでは、ストーカーなどの犯罪行為に発展する可能性のある依頼、暴力や恐喝などの犯罪行為に関わる可能性のある依頼に対しては、一切お断りしています。

しかし、通常の「好きな人を探して欲しい」「好きな人の情報が得たい」といったご依頼であれば、お話を聞かせていただいた上で、お引き受け可能です。好きな人と依頼主の間を取り持ったり、好きな人と現在の恋人を別れさせたりといった工作は不可能ですが、事実をありのままにきちんとお伝えいたします。

好きな人と向き合うためにも、まずは一度、あなたの今のお悩みをお聞かせください。もちろん、相談は完全秘密厳守です。親身になって、相談に乗りますのでご安心ください。