子供(娘・息子)の素行調査(行動調査)に関する、探偵によくある依頼内容

「うちの子に限って・・」と、自分の子供を信じたい気持ちは、親であれば誰しもが持っているものですよね。しかし、盲目になってしまうことで、子供の変化に気付かず、大きな事態を引き起こしてしまうこともあるのです。

「もっと早く依頼しておけば・・」といった事態を防ぐためにも、最初に子供の素行調査に対するよくある依頼内容についてご紹介します。

最近の子供の様子を思い出し、思い当たる内容がないか、一度ご確認ください。

年頃の子供、同居中の子供に関する素行調査の依頼

子供には学校や塾、放課後など、親の目の届かない時間があります。服装や言動が変わるのは、何かのサインである可能性が高いです。「気のせい」で片付けてしまうことなく、調査を依頼することが、子供を守ることに繋がります。

一人暮らしの子供に関する素行調査の依頼

実家から遠く離れた大学への進学や、就職など、一人暮らしを始めた子供に対する心配も尽きないものです。自宅にいた頃と比べると、アルバイトやサークルといった活動範囲も広がり、なかなか連絡が取れないといった声も少なくありません。

子供がどういった暮らしをしているのか、また、学校や職場での様子はどうなのか、探偵に依頼し、真実の姿を知りたいと考える親御さんが増えています。

子供は、直接親が尋ねたとしても「心配をかけたくない」「迷惑をかけたくない」と本当のことを言わない可能性が高いです。また、反抗期であったり「言えば怒られるとわかっている」ことをしている場合は、嘘をついたりごまかしたりすることもあるでしょう。

だからこそ、第三者である探偵がプロの視点と技術を用いて素行調査を行うことが重要です。

子供の素行調査(行動調査)を探偵に依頼するために必要な準備とは?

子供の素行調査を行うために必要な準備は、通常の素行調査と変わりません。

  • 事前に情報をまとめておく
  • 調査のゴールをあらかじめ決めておく
  • 調査の期間・期限を絞る
  • 見積もり、報告形式、追加料金について確認する

といった準備を行っておきましょう。

詳細につきましては、素行調査・行動調査に関するよくあるご相談をご確認ください。

ただし

  • 子供は遠方で一人暮らしをしているため、最近の子供の様子がよくわからない
  • 最近、電話でしか話していない
  • 最近、メールやLINEでしかやりとりをしていない(声を聞いていない)

など、依頼を希望する子供の現在の情報が少ない場合は、推測で話すことなく、わからないことはわからないと探偵にお伝えください。

探偵は、得た情報だけでなく、得られていない情報からも、的確な調査方法や内容を導きだします。

のように「わからない」「できない」ことからも、様々ケースを想定し調査方法を組み立てることがあります。

また、子供の素行調査を依頼する前には、確実にわかっている情報(名前や生年月日など)と、推測の情報(交友関係など)を整理しておきましょう。

同時に、遠方で一人暮らしをしている子供の場合

  • 最後に子供と会った時期
  • 最後に子供が住んでいる下宿先に行った時期
  • そのときの様子(実家住まいの時期と比べて変わったこと全て)
  • 調査を依頼しようと思った理由、きっかけ

を、探偵に伝えると良いでしょう。

同居している年頃の子供に関しても

  • 以前と比べて変わった点(服装や言動、持ち物など)
  • 調査を依頼しようと思った理由、きっかけ

を整理しておくことが重要です。

子供の素行調査を探偵に依頼すると、どんな内容がどこまでわかる?

子供の素行調査では、探偵業法に基づき、依頼主のお悩み解決につながる様々な内容を調べることが可能です。

依頼内容は、個別のケースによって異なるため、一般的な事例についてご紹介します。

年頃の子供、同居中の子供に関する素行調査

  • 交友関係
  • 異性関係
  • アルバイト先の名称、仕事内容
  • 勤務先の名称、仕事内容
  • 酒やタバコの経験の有無
  • ギャンブル
  • 金銭の貸し借り
  • 日常生活の過ごし方(立ち寄る場所、出会う人物含む)
  • いじめの事実関係の確認
  • 仕事や学業に対する姿勢
  • SNS上でのトラブルの有無

一人暮らしの子供に対する素行調査

  • 交友関係
  • 異性関係
  • 同棲している人物の有無
  • 参加しているサークル、内容
  • アルバイト先の名称、仕事内容
  • 勤務先の名称、仕事内容
  • 一ヶ月で稼ぐおおよその金額
  • 酒やタバコの経験の有無
  • ギャンブル
  • 金銭の貸し借り
  • 日常生活の過ごし方(立ち寄る場所、出会う人物含む)
  • 学業に取り組む姿勢
  • 長期休暇の過ごし方
  • 実家に帰省しない理由
  • いじめの事実関係の確認
  • SNS上でのトラブルの有無

そのほか、個別ケースによる対応も可能です。大切な子供に関する心配ごとがありましたら、どのような些細なことでも構いません。まずは一度ご相談ください。

お引き受けできない素行調査について

探偵事務所SATでは、探偵業法に基づき、調査を行っています。そのため、全ての依頼をお引き受けすることはできません。

  • 違法性がある調査
  • 犯罪に関連する調査
  • 反社会的組織に関する調査

に関しては、一切お断りしております。

子供の素行調査(行動調査)を探偵に依頼する際に注意すべき3つのポイント

現在の子供の状況や情報を集めたら、次に重要となるのは「どの探偵事務所に依頼すべきか」という点です。ここでは探偵に素行調査(行動調査)を依頼する際に、確認しておくべき3つのポイントをご紹介します。

1.同居?一人暮らし?その他、子供の立場によって変わる調査内容

例えば、子供が義務教育中の学生であれば、クラスメイトとの交友関係や放課後の様子が調査の中心となります。

一人暮らしの大学生であれば、生活態度全般を調べる必要があり、交友関係も学校だけでなく、サークルやアルバイトなど多岐に渡ることになるでしょう。同じ一人暮らしでも、社会人やアルバイトであれば、活動時間や活動範囲はさらに広がります。

同居している子供に比べ、一人暮らしの子供の情報は、どうしても少なくなりがちです。情報の質にもよりますが、多くの情報があることで調査がスムーズに進む確率が上がります。仮に同じ依頼内容だとしても、調査終了までの時間に違いが生まれる可能性が高いです。

素行調査としての金額が提示されていたとしても、条件や依頼内容によって金額は大きく変動する可能性があります。

探偵に相談する際には、依頼したい子供の状況をあきらかにするとともに、似た内容の調査経験の有無、そして具体的な金額を尋ねると良いでしょう。

2.アフターフォローの有無について

子供の素行調査(行動調査)を依頼し、結果が出たものの「ショックを受けて立ち直れない」「調査結果を見せたことで、親子の仲が険悪になった」といったケースもあります。

しかも親子だからこそ、感情的な話し合いになる可能性も高いです。「あなた(子供)が心配だったから調査を依頼した」という思いをいかにきちんと伝えるか、この点を汲み取り、アフターフォローに力を入れている探偵事務所を選ぶことをおすすめします。

3.子供が一人暮らしをしている場合は、出張料や土地勘の確認を

現在、子供と同居している場合や子供が近隣に住んでいるといった場合は、特に問題はありません。ただし、飛行機や新幹線で移動する距離に子供がいる場合は、出張料の有無や他の都道府県での調査経験の有無を尋ねておきましょう。

素行調査(行動調査)の依頼内容や、探偵側の料金の計算方法にもよりますが、あらかじめ質問しておくことで、調査に対する不安を防ぐことができます。その際、丁寧な説明が行われない探偵事務所は論外です。

子供の素行調査を探偵に依頼する際は、アフターフォローをチェック!迷った際には、まずは無料相談を。

子供の素行調査の場合も、事前準備や判明する事実・内容に関しては、一般的な素行調査とほとんど同じです。

しかし、一般的な素行調査に比べて子供の素行調査の場合は、依頼主である親に「うちの子に限ってそんなことはないだろう」「学校(会社)にちゃんと行っていると信じている」など、思い込みが生じやすくなります。また調査を依頼したものの、いざ結果がでた瞬間、予想外の結果に戸惑い、どうして良いかわからなくなる方も少なくありません。

だからこそ、子供の素行調査(行動調査)を依頼する際には、調査の質だけでなく、結果が出た後のアフターフォローの有無を確認しておく必要があります。

子供の素行調査のゴールは、証拠を獲得することではありません。依頼主の心配ごとを解決するための方法を探し、一緒に解決に導くことです。

調査結果をもとに「子供にどう切り出すか」「今後どうすればいいか」といった内容を、親身になって相談に乗ってくれる探偵事務所に依頼することが、問題解決の大きな一歩と言えるでしょう。

探偵事務所SATでは、相談前後のカウンセリングにも力を入れ、必要に応じて弁護士と連携したアフターフォローを行っております。

また全国出張対応も可能です。依頼内容によりましては、別途出張料が必要となることがありますが、お見積もり作成前に説明し、ご納得いただいた上での契約となります。また、契約後の追加料金は一切いただいておりません。