デートや食事をする対価として、女性がお金を受け取る「パパ活」

2019年にニュースサイトしらべぇが行った調査では、全体の11.1%の女性が「現在パパ活をしている」と回答し、パパ活が女性にとって身近なものであることが浮き彫りになりました。※1

パパ活をしている女性の中には、パパと肉体関係を持っている人もいるなど、関わり方が多様化しています。

しかし、パパ活のパパの中には、win-winの関係を保つことを目的としている人ばかりではなく、パパ活女性を陥れようとしている人がいるのも事実です。

では、パパ活のパパによるトラブルに遭ってしまった時はどうすればよいのでしょうか。

今回はパパ活のパパによるストーカー、脅迫詐欺被害に遭った時のトラブルの対処法や予防法をご紹介します。

パパ活のパパが加害者となるストーカー、脅迫、詐欺などのトラブル事例

パパ活のパパによるトラブルは、お金に関するものや、脅迫、詐欺、性的搾取、個人情報流出など多岐に渡ります。

中には、複数の要素を併せ持った事例も見られるため、パパ活をしている女性側が大きな被害を受けてしまうことが少なくありません。

ここからは、パパ活のパパによるよくある6つトラブル事例を詳しく見ていきましょう。

事例1:もう会わないことを告げると「今まで支払ったお金を返せ」と要求される

パパ活で知り合ったパパと何度か会って食事やデートをした後、「もう会わないようにしよう」と告げると、「今まで支払ったお金を返せ」「パパ活は違法だから訴える」などと脅される事例があります。

そもそも、パパ活で受け取ったお金やプレゼントは、パパ活をしている女性も相手の男性も返済を目的として受け渡しをしているわけではないため、返済の義務はありません。

しかし、返済を前提として金銭的援助をしてもらっているという認識であれば、返金する義務が生じます。

もし実際に訴訟となった場合、会話の録音などの証拠がなければLINEやメールなどでのやりとりの内容によって判断されます。

もし、「貸してほしい」「あとで返す」などというやりとりがあった場合は、返還義務が生じますが、パパ側が返済の合意があったことを裁判で立証できなければ敗訴となり、女性側に返還する義務は生じません。

特に学費や生活費などの金銭的援助を受ける場合は、LINEなど証拠に残る形で返済を前提としたお金なのか贈与なのかを確認した上で受け取りましょう。

事例2:大学で待ち伏せるなどストーカー行為を行う

最初は食事に行ったり、デートに行ったりするだけの関係と割り切ってお互いにやりとりしていたものの、次第に男性側が女性に執着心を持ち、ストーカー行為に及んでしまうという事例があります。

中には、SNSから大学や職場、最寄駅などを突き止めてつきまとうケースもあるようです。

パパ活のパパがストーカーになるケースは、1度きりの関係ではなく、定期的に会うような関係になってから豹変することがほとんどです。

特に「彼氏はいるの?」「他のパパとはどれぐらいの頻度で会っているの?」など、他の男性についての情報を聞き出して独占しようとするパパには注意が必要です。

ストーカーになってしまうパパ活のパパには、その他にも以下のような特徴が見られます。

  • 恋愛経験があまりない
  • 高価なプレゼントをくれる
  • 連絡の返信を催促してくる

恋愛経験が少ない男性の中には、女性に優しくされるだけで「自分に恋愛感情がある」と勘違いしてしまう人がいます。

定期的に会う場合は、パパ活のパパからの愛情表現を曖昧な言葉で濁すことや勘違いさせるような言動は避け、割り切った関係であることを伝えた上で関係を続けるようにしましょう。

事例3:盗撮された性行為画像や動画をちらつかせお金を要求する

性行為中にスマホのカメラや小型カメラでこっそりと撮影され、後日関係に終わりを告げると、「職場に性行為中の動画を送る」と言って脅され、関係の継続を求められたりお金を要求されたりする事例があります。

実際に2021年7月には、コインランドリーを全国展開する企業の代表取締役社長がパパ活相手だった女性に対し、盗撮した動画をちらつかせて脅迫した容疑で書類送検されています。

パパ活での盗撮は主にスマホカメラで行われますが、小型カメラで行われる場合もあります。

パパ活相手のパパと性行為をする場合は、待ち合わせ場所をホテル以外の場所に設定し、カメラを仕掛ける隙を与えないようにしましょう。

事例4:関係を持った後にお金を渡さず逃げる

支払う金額に合意して肉体関係を持ったにもかかわらず、支払わずに逃げる「やり逃げ」という事例も後を絶ちません。

やり逃げに使われるのは以下のような手口です。

  • 一番上のお札を見せて、きちんとお金があるように見せかけるが、他のお札はすべて偽物
  • 肉体関係を持った後「シャワーを浴びておいで」と促し、女性がシャワールームに入っている間に逃げる
  • 「後払いで振り込む」と言って肉体関係を持った後音信不通になる

特に肉体関係を持った後にその場から逃げるケースでは、設定された金額を支払わないだけに止まらず、女性の財布まで持ち逃げしてしまう事例があります。

やり逃げは女性にとって許し難いものですが、そもそもパパ活で肉体関係を持って対価を受け取るのは売春であり、罰則はないものの違法行為です。

また、公的良欲に反するものなので、民事上は支払われなかったお金を請求することはできません。

しかし、刑事上では女性にお金を支払うことを誤信させたという理由で詐欺罪に問うことができる可能性があります。

現在は最高裁の判断がない状態なので裁判所によって判断が別れる事例です。

事例5:「もっと稼げる投資がある」と言って投資詐欺に誘い込む

5つ目は、高収入を装ってパパ活を行っている女性に近づき、女性が男性を信用したところで投資詐欺に誘い込むという事例です。

投資詐欺に誘う男性の多くは、「パパ活よりも稼げる投資がある」「君でも簡単に稼げる」などと話を持ちかけます。

中には、投資家であると嘘をつき、高額なコンサルティング料金を請求するというケースや、「実際に今から教えてあげる」などと言って比較的簡単な取引方法を練習用のサイトで実際に操作させ、儲けたように見せかけるというケースもあります。

投資詐欺を働くパパは、一見人当たりがよく、信頼できるような人物を装っていることがほとんどです。

信用できると思っていても、パパ活のパパに投資を誘われた場合は詐欺の可能性が高いので注意しましょう。

事例6:「限度額をなくすことができる」と言ってクレジットカードを預かり、使い込む

「限度額をなくすことができる」などと言ってクレジットカードを預かり、使い込むという事例は「クレジットカード詐欺」と呼ばれています。

もちろん、パパが使い込んだ分はクレジットカードの持ち主であるパパ活女性に請求されます。

クレジットカード詐欺の多くは、デートや旅行を重ねてゆっくりと信頼関係を育んだ上で実行されるため、騙されてしまうパパ活女性が多いのです。

「騙されたのだから支払わなくてもいいのでは」と考える方も多いかもしれませんが、そもそもクレジットカード会社はクレジットカードを他の人へ預ける行為を禁止しています。

そのため、パパに騙されてクレジットカードを使い込まれたとしても盗用補償は適用されず、請求金額はクレジットカードの持ち主が支払うことになります。

信頼関係があるパパであっても、クレジットカードを預けるのは危険です。

パパ活のパパによるトラブルに遭った時の対処法

実は、パパ活でトラブルに遭っても泣き寝入りしてしまう女性が少なくありません。

泣き寝入りしてしまう理由は、警察や弁護士などに相談すると周囲に知られてしまうのではという不安があることが挙げられます。

また、もし肉体関係を持ち、その対価としてお金を受け取っている場合は売春にあたる違法行為です。

売春自体には罰則はないものの、SNSやパパ活アプリなどで売春を勧誘した場合は売春防止法により「6月以上の懲役または1万円以下の罰金」という罰則が定められています。

警察に相談すると売春防止法違反を咎められる可能性があるため、相談しにくいと感じている方が多いのです。

しかし、「誰かに相談したい」「泣き寝入りしたくない」という方は多いはずです。

そんな時は以下の3つの対処法の中から自分に合ったものを選びましょう。

【1】警察に相談する

パパ活トラブルに遭った場合、トラブル内容にもよっては警察に対応してもらえるケースがあります。

ただし、そもそも警察は民事不介入を原則としているため、私人間同士のトラブルであれば、捜査に乗り出すことはありません。

また、明らかに刑事事件であっても、被害を受けた証拠がない場合は警察は捜査することができず、被害届を出しても何ヶ月も音沙汰がないということがあります。

パパ活トラブルで警察が動いてくれる可能性が高いのは、盗撮画像を元に脅迫されるというトラブルです。

盗撮画像を元に脅迫されるケースでは、音声の録音やLINEのやりとりなどの証拠があれば、警察は動く可能性が高いです。

一方で、食事やデートをしたのにパパからお手当がもらえないという事例では高等裁判でパパが詐欺罪に問われた事例がありますが、詐欺罪と判断されるのは本当に稀で、ほとんどの場合は民事事件と判断されるため、警察が動くことはありません。

【2】弁護士・探偵に相談する

パパ活で起きトラブルを警察に相談しにくいという方は弁護士や探偵に相談するのがおすすめです。

弁護士や探偵は警察が捜査しないような事例も依頼することができます。

弁護士は警察のように加害者を起訴して刑罰を与えることはできませんが、法律行為を行う権限があるため、お金の返還請求などの業務を行うことが可能です。

そのため、クレジット詐欺のようなトラブル事例では、弁護士が力を発揮します。

ただし、弁護士は警察と同様に証拠を重要視しており、証拠を元に法律行為を行います。

つまり、証拠が揃っていない状態では、法律行為を行うことができないのです。

証拠が揃っていない場合には探偵に依頼しましょう。

警察や弁護士が必要とするのは、被害に遭った事実の証拠やトラブルの際のやりとり、男性の身辺情報などであり、探偵はそれらの調査を専門としています。

探偵は警察のように、張り込みや尾行が許可されているため、自分だけでは揃えられないような証拠を集めることが可能です。

探偵が集めた証拠を元に警察や弁護士に相談することで、スムーズに対応してもらうことができます。

【3】女性の人権ホットラインに相談する

パパによってストーカー行為されていたり、性行為中の画像や動画で脅されていたりする場合は、法務省が運営する女性の人権ホットラインに相談しましょう。

女性の人権ホットラインに連絡すると、人権問題に詳しい法務局職員か人権擁護委員が相談を受けることになっています。

相談内容によっては法務局が介入し、救済手続が行われる場合がありますが、基本的には今後の対応方法について相談できる機関として知っておくと安心です。

パパ活のパパによるトラブルに遭わないための予防法

パパ活のパパによるトラブルに遭わないためには、以下の3つの点を厳守することが大切です。

  1. 先払いを徹底する
  2. 個人情報は教えない
  3. 少しでも不安に思うことがあれば会わない

パパ活では、お金や関係に関する質問に対してあいまいな対応はせず、要望や気持ちははっきりと伝えましょう。

例えば、パパがストーカー行為に及ぶ事例では、恋愛経験が少ない男性が恋愛感情を伝えてきた時にあいまいな態度で交わした結果、男性が勘違いしてさらに女性に執着するというケースが見られます。

このようなケースでは、「パパは恋愛対象になりません」とはっきり伝えましょう。

要望や気持ちをはっきり伝えることは、トラブルの予防に繋がります。

1、先払いを徹底する

パパからのお金を受け取る際は必ず現金での先払いを指定しましょう。

中には「後でまとめて振り込む」「月額で支払う」などと言われたので了承したら、そのまま逃げられたというケースがあります。

特に「後でまとめて振り込む」というケースでは、すでに女性側が口座番号や本名を教えていることがあり、「会社や学校にバラすぞ」などと言って脅すような事案が多いので注意が必要です。

お金に関するトラブルに遭わないためには、後払いを指定してくる男性には会わないことが大切です。

何か理由をつけて先払いを渋るパパは、そもそもお金を支払うつもりがない可能性が高いのではっきりと断りましょう。

2、個人情報は教えない

パパ活では、ハンドルネームを使用することがほとんどですが、中には本名に近いものを使用している女性がいます。

本名を推測されやすいハンドルネームを使用すると、SNSなどから簡単に個人情報を特定できてしまうため避けましょう。

また、住んでいる地域や最寄り駅を教えるのも危険です。

「学校の近くに○○っていうカフェがあって」などというちょっとした世間話から、職場を特定することもあり得ます。

もし、個人情報が特定されてしまうと、待ち伏せされたり、自宅まで付き纏われたりと、トラブルに発展する可能性があります。

パパに個人情報について聞かれた時は「プライベートな情報はパパには話さないようにしている」などとはっきりと伝えましょう。

3、少しでも不安に思うことがあれば会わない

メッセージのやりとりをしている時に少しでも会うことに不安を感じたら、これ以上話を進めるのはやめておきましょう。

また、会っている最中でも不審な点があれば、しっかりと理由を伝えて帰宅するようにしてください。

パパ活は2人きりで会うため、何かあった時に自分の身を守れるのは自分しかいません。

高額なお金を提示されたからと言って、不安な点に目を瞑って会ってしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。

「メッセージの段階で返事を催促される」「相場よりもかなり高額なお金を提示している」なども不安要素の1つです。

会うかどうかは厳しい目で判断するようにしましょう。

パパ活にトラブルは付き物!パパによるトラブルに遭ったら一人で抱え込まず第三者に相談しよう!

詐欺や性的搾取を狙っているパパは、警戒心が強い女性を避ける傾向があります。

譲れない条件や要望ははっきりと伝え、何か不審な行動があればすぐに帰宅しましょう。

トラブルに遭った場合、肉体関係を持っていると警察に相談しづらいため、泣き寝入りしてしまう女性が少なくありません。

しかし実はパパ活トラブルに対応している機関は警察だけなく、弁護士や探偵、国の相談機関など様々なものがあります。

特に弁護士や探偵は費用がかかるものの、警察に相談しづらいトラブルや、警察が取り合わなかったトラブルなどに対応しています。

また、弁護士や探偵は守秘義務があるため、家族であっても情報を漏らすことはありません。

パパ活のパパによるトラブルに遭ってしまったら、一人で抱え込まずに適切な第三者に相談しましょう。

※1:ニュースサイトしらべぇ「20〜30代女性の『パパ活率』を調査 まさかの『人妻パパ活』も流行中か」

警察OBに直接相談できる探偵事務所

受付時間/10:00~20:00

※LINE相談は友達登録をして送られてくるメッセージに返信することで行えます。

この記事を書いた人

探偵事務所SAT 中山
探偵事務所SAT 中山
2016年(西暦)に「警察OBに直接相談できる探偵事務所」をコンセプトとした探偵事務所SATを創業し、人探し、浮気調査を始め、企業調査や特殊調査といった業務を専門的に行う。
トラブル解決のプロとして、多くの事案、悩みのコンサルティングに携わっている。

探偵事務所SATでは、警察OBを中心とした少数精鋭のベテラン調査員による調査力、安さ&明瞭さを重視した料金提示を追求しています。他社様で断られた困難な事案でも、諦めずにご相談ください。