探偵に持ち込まれる依頼は、現在の出来事だけとは限らない

素行調査として依頼される相談の中には

など、過去について調べて欲しいといったケースも少なくありません。

探偵は、調査対象者の過去について調べることができるのでしょうか?その答えは、基本的に可能です。

ここで、基本的に可能とお伝えしたのには、理由があります。

依頼主は、単純に過去を知りたいのではなく、過去を知った上で、現在や未来に役立てたいと考え、探偵に依頼することが多いです。そのため、過去の情報を得ることができたとしても、問題解決に活かせないのであれば、調査成功とは言えません。

探偵事務所SATでは、単に過去のデータ・証拠を集めるだけでなく、今現在の依頼主の問題解決に役立ってこそ、調査の成功だと考えています。

だからこそ、基本的に可能といった少し曖昧な説明になってしまうのです。

それでは、次の章では、具体的なケースについて見ていきましょう。どのような依頼であれば調査ができるのか、まずはあなたが依頼を検討しているケースを探し、確認してください。

【過去の浮気・恋愛・仕事・借金・病歴・前科・整形・学生時代】過去の調査が可能な依頼、不可能な依頼について

過去に関する素行調査といっても、知りたい内容や依頼目的は人によって異なるものです。ここでは、一般的な依頼内容と依頼可能・不可能について、ご説明します。

過去の浮気調査

過去の浮気調査を依頼する場合、依頼が可能かどうかを判断する基準は「時期」「調査目的」の2つです。

言葉にすると、1週間前も4年前も、同じ「過去」です。数週間程度であれば、過去といえども、現在も浮気が続いている可能性が高く、探偵が調査を引き受ける可能性も高いです。

しかし、数年前の浮気、なおかつ現在は完全に別れているということになると、依頼主が求めるような確実な証拠を掴むことは難しいと言わざるをえません。

その理由は、多くの浮気調査の証拠は、ラブホテルの出入りに関する映像・写真、浮気相手の家やアパートに宿泊した(一夜を共にした)映像・写真によって証明されます。そのため、すでに過去となった関係の証拠を見つけ出すことは、ほぼ不可能というわけです。

特に「離婚調停の際に、証拠として出したい」「裁判で使いたい」といった調査目的がある場合は、例え探偵が引き受けたとしても、納得できる証拠を得られる可能性はほぼゼロと言えるでしょう。

ただし

  • 過去に浮気をしており、現在も続いている可能性が高い
  • 「浮気相手とは別れた」と聞いたが、事実かどうかを確認したい
  • 過去の浮気の事実がわかったが、相手がわからないので、どこの誰か知りたい

といったケースであれば、求める証拠を得られる可能性が高いです。

過去の恋愛調査

など、過去の恋愛に関する情報を知りたいといった依頼も少なくありません。

この場合、ポイントとなるのは「時期」です。直近のことであればあるほど、求めている調査結果が得られる可能性が高いでしょう。

聞き込みやデータ収集を行うことで、数年前などの過去の恋愛遍歴を調査することもできますが、短期間だけ付き合った相手、一夜限りの相手などを含め、完全に突き止めることは難しいと言えます。

ただし、恋愛に対する向き合い方(一途に一人の異性と長く付き合っていた、浮気性なところがあった)に関しては、調査することが可能です。

過去の仕事調査

など、過去の仕事に関する依頼の調査可能、不可能を分けるキーワードも、やはり「時期」です。直近のことであればあるほど、求めている調査結果が得られる可能性が高いでしょう。

ただ、十年以上前のことであったとしても、ひとつずつ手がかりをたどり、事実にたどり着くことも不可能ではありません。個別事例により、料金や調査結果が出るまでの日数は大きく異なるため、まずは一度お問い合わせください。

また、単純に過去の仕事内容だけを知りたいのではなく、結婚相手としてふさわしいかどうかを知りたいと言う場合は、結婚調査として調査を進めることも可能です。

その場合の詳細につきましては、結婚調査・結婚詐欺のページをご参照ください。

過去の借金調査

交際相手や配偶者の借金歴について、全く気にならないといえば嘘になると言うのが多くの方の本音ではないでしょうか。

しかし、現在のことであれば話ができたとしても、過去について改めて聞くタイミングが難しいといった声が少なくありません。

といった相談以外にも

といった、現在進行形の相談もあります。

しかし、借金の額や借入先に関しては、過去、現在問わず、探偵が合法的に調査をすることはできません。

詳細につきましては「探偵は借金を調べられる? 答えは借金の有無まで!違法・合法と調査方法」のページをご確認ください。

ただし、借金の直接的な額は不明であっても、依頼時期や提出可能なデータの内容によっては、過去の金銭感覚や生活習慣の調査ができることもあります。

絶対に無理だと自己判断で諦めることなく、まずは一度ご相談ください。

学生時代に関する調査

など、学生時代や学歴に関する調査の場合、基本的に対応可能です。

ただし、この場合も「採用する人物に値するかどうかを確認したい」「婚約中の人物が嘘をついていないか知りたい」など、依頼主が単純に学生時代の様子、学歴だけを知りたいわけではないケースが多いです。そのため、まずは依頼目的をお話いただくことにしています。

調査を依頼する際は、依頼の目的を明確にした上で、まずは無料相談をすることをおすすめします。

前科調査

犯罪を犯した人物は、犯罪人名簿に名前が掲載されます。しかし、この名簿は厳重に管理されているため、探偵を含む一般人が見ることはできません。

しかし、だからといって探偵が前科にまつわる情報を手に入れることができないというわけではないのです。

合法的に前科を調べる方法は

  • 周囲の人物への聞き込み
  • 過去のニュースや新聞記事からの情報収集

上記2点です。

新聞などに名前が掲載されていれば、100%確定することができます。しかし、そうではない限り最大でも「99%可能性がある」という範囲にとどまると考えてください。

また、結婚詐欺に関しては、司法の判断が大変難しい分野です。何人もの異性から金銭を受け取っていたとしても「相手が好意を持ってしてくれたこと」と言われてしまえば、それ以上罪に問うことができないためです。

しかし、詐欺罪として訴えられた過去があれば、調査中に判明する可能性が高いでしょう。

このように、犯罪未遂、前科を調査する場合、ケースによって調査の難易度が大きく変わります。前科調査を依頼する際は、依頼の目的を明確にした上で、まずは無料相談をすることをおすすめします。

整形疑惑調査

など、整形疑惑を感じるシチュエーションは、身近なところにあるものです。「プチ整形」などといった言葉も流行り、若い世代にとって整形はさらに身近なものになりました。

一方、真実を知りたいと、探偵に調査を依頼する人の数も同様に増えています。

しかし、残念ながら合法的に整形疑惑を100%証明することは不可能です。整形手術を行なった病院には守秘義務があり、本人の承諾なく治療内容について開示することはありません。

実家に行ったり、学生時代の友人から話を聞いたりすることはできますが、例え昔の写真が今と別人であったとしても、100%整形だとは断定できないことも事実です。

整形疑惑を晴らすのではなく「過去の写真を手に入れて欲しい」「過去、どういった人物だったかを調べて欲しい」といった内容であれば、調査可能だと考えておくと良いでしょう。

過去の病歴調査

病歴に関しても、整形疑惑と同様に直接病院に尋ねることはできません。ただし、こちらも実家や当時の友人などに聞き込みを行うことで、ある程度の予測を立てることは可能です。

本人が自ら病名を周囲に話していたと言う場合を除き、あくまで可能性のひとつとしての病歴調査だと捉えておくことをおすすめします。

過去の素行調査を依頼する際は、必ず目的を告げること!無料相談の有効活用がおすすめ

過去の素行調査に関しては

  • 調査可能なケース
  • 一部調査可能なケース
  • 過去、現在問わず、調査不可能なケース(借金の金額など)

の3つに分けることができます。

しかし、仮に依頼主が求めている直接的な情報を入手できないとしても、他の調査方法を用いて、依頼主の目的を達成できる可能性は高いです。

例えば、借金の額がわからないとしても、金銭感覚や金遣いの荒さ、ギャンブルへのハマり具合を調べることで、結婚相手として適切かどうかを判断するひとつの基準になります。

また、過去に関する素行調査の場合、現在の素行調査に比べ、難易度が上がることは事実です。しかし、本当に親身になって対応する探偵は、調査自体を目的にしたり、難易度だけで判断してお断りしたりすることはありません。

探偵事務所SATでは、依頼前後のカウンセリングや弁護士と連携したアフターフォローに特に力を入れています。あなたが本当に求めている結果、目的は何なのか、まずは一度無料相談にてお聞かせください。

一緒に、解決方法を探していきましょう。