執拗にターゲットをつけ回し、迷惑行為を行うストーカー。そんなストーカーがもし、盗聴器を仕掛けてターゲットの行動を把握しているとしたら…? その場合は、どんな対策を立ててもほとんど無駄です。

現在盗聴はとても身近な犯罪であり、ストーカーがターゲットの自宅などを盗聴していることは十分に考えられます。そして盗聴器が仕掛けられたままでは、ストーカー被害が解決することはありません。

しかし、逆に盗聴器を発見できたなら、犯人の情報と動かぬ証拠を集めることもできます。

この記事では自分でできるストーカーの盗聴対策と、プロに依頼する根本的解決法の両方について解説します。心当たりのない方も、盗聴チェックリストと盗聴器を発見したときの対処法と注意事項の2つは確認してみてください。

盗聴されているかどうかのチェックリスト

盗聴はとても身近な犯罪で、盗聴器が仕掛けられる場所として最も多いのは一般家庭です。しかも自分で盗聴器を仕掛けなくても、誰かが仕掛けた盗聴器の発する電波を拾えば、誰でも簡単に盗聴できてしまいます。

また最近では、スマホやアプリを利用した盗聴も増えました。どんどん手軽に盗聴ができるようになっているのです。

まずは自分が盗聴されていないか、チェックリストで調べてみましょう。以下のリストのうち2つ以上当てはまれば、盗聴されている可能性は極めて高いです。

盗聴チェックリスト

  • 自分あるいは家族しか知らないはずのことを他人が知っていた
  • 見覚えのないものが家の中、車の中、カバンの中に増えていた
  • 家の中の物の位置がいつの間にか変わっている
  • 同じ車が近所に停まっているのをよく見る
  • 最近いたずら電話・無言電話がかかってくる
  • 固定電話・ネット回線・TVなどにノイズが入る、電波障害がある
  • 最近不審な人物が家にやってきた
  • 来客があったわけでもないのに玄関のドアポストから妙な物音を聞いた
  • 人間関係のトラブルに巻き込まれている
  • 最近電気代が高くなった
  • 入居前から設置されていた照明・電話線などが部屋の中に残っている

大きく分けると、1.誰かが侵入した・何かを触った形跡がある、2.通信回線に異常がある、3.見覚えのないものが家やカバンの中にある、の3点が、主な盗聴のサインとなります。上に挙げた項目以外にも、何となく部屋の中に違和感があるなどの場合も盗聴を疑ってみてください。

仮にチェックリストのうち2つ以上に当てはまらなくても、ストーカーに狙われている心当たりがあれば、盗聴を疑う理由としては充分です。以下の関連記事を読んで、具体的なストーカー対策を検討してください。

ストーカーに盗聴されるパターンとデメリット

盗聴とひとくちに言ってもパターンは色々ですが、盗聴犯がストーカーであれば、ある程度目的や方法は限られます。

またストーカーに盗聴されている場合ははっきりとしたデメリットが生じるのも特徴です。

ストーカーが盗聴する目的

ストーカーが盗聴・盗撮する目的

  • ターゲットのプライベートを見たい・聞きたいから
  • ターゲットのプライベートな姿や音声を集めるコレクション目的
  • ターゲットの個人情報や行動予定をストーカー行為に利用するため
  • 盗聴・盗撮データでターゲットを脅すため

盗聴の目的は主に、単純に他人のプライベートを覗き見たいという興味本位か、犯罪などに利用するための準備です。そしてストーカーによる盗聴は、この両方を兼ね備えています。

誰かに自宅などのプライベートな姿を見られたり会話を聞かれたりするだけでも嫌なものですが、さらにストーカーはその動画や音声を悪用します。ストーカーにとってターゲットの情報はたくさんあるほど良く、逆にターゲットにとってはストーカーによる盗聴・盗撮は害でしかありません。

ストーカーに盗聴されることのデメリット

ストーカーに盗聴されるデメリット

  • 盗聴により生活を監視される
  • 知られたくないプライベートを知られてしまう・収集されてしまう
  • 個人情報や行動を把握され、それをストーカー行為に利用される
  • 盗聴・盗撮データを脅迫やリベンジポルノなどに使われる
  • 車に盗聴器とともに発信機をつけられて現在地をいつでも把握される

プライベートを他人に覗き見られるのが嫌なのは当然ですが、ストーカーによる盗聴の恐ろしいところは、盗聴・盗撮で得た情報をストーカー行為に利用されることです。

ストーカーがあなたの行動を把握していれば、待ち伏せしたり留守の間に自宅周辺で迷惑行為を行ったりすることは簡単ですし、どんなストーカー対策を立ててもすべて筒抜けです。これではどんな対策も無駄になってしまいます。

これは、車にGPS発信機をつけられた場合も同じです。引っ越しても引っ越し先がばれてしまうため、絶対に撤去しなくてはなりません。

またストーカー行為の大元は恋愛感情なので、自分の気持ちが相手に受け入れられなかった場合、やけになって動画や画像や音声をばらまくこともあります。いわゆるリベンジポルノなどがこれにあたり、一度ネット上にアップされてしまうと、完全に解決する方法はありません。

ストーカーが盗聴する方法

ストーカーに限りませんが、盗聴するには必ずしも自分で盗聴器を仕掛ける必要はありません。盗聴の方法は色々ですし、年々巧妙化していますが、ストーカーとターゲットの関係性によってある程度推測できます。

自分でターゲットの自宅に盗聴器を仕掛ける

仕掛けられやすいパターン

  • ストーカーが元恋人・元配偶者などである
  • 合鍵を持っている
  • 侵入して仕掛ける、知人として部屋に招かれたことがある
  • 外からでも仕掛けられる場所がある
  • プレゼントの中に盗聴器を仕込む

ストーカーにとって盗聴はすぐにバレては意味がないので、無理に侵入して盗聴器を設置するより、すでに持っている合鍵を使ったり部屋に招かれた機会を利用したりする方が都合がいいです。

元交際相手、元配偶者、訪ねてきたときに不審な様子があった人物、合鍵を持っている人物などが怪しいです。

また疑わしい人物からのプレゼントは盗聴器がないかチェックしましょう。ぬいぐるみなどいかにも仕込みやすい物だけでなく、ペン型、カード型、電卓などの小型電子機器を模したものなど、見つかりにくい盗聴器はいくらでもあります。

自分でターゲットの持ち物に盗聴器を仕掛ける

主な設置方法

  • ターゲットのスマートフォン・携帯電話にアプリを仕込む
  • ごく小型で見つかりにくい盗聴器をカバンの中に入れる
  • 車の中に盗聴器や盗聴アプリを仕込んだスマホを置いておく

盗聴器の小型化・高性能化が進むとともに、最近ではスマホを用いた盗聴が増えています。通話・録音機能を備えたスマホは盗聴に向いていて、さらにアプリをインストールすれば、より高性能な盗聴器として使うことができるのです。

別の誰かが仕掛けた盗聴器の電波を拾う

ストーカー自身が盗聴器を仕掛けなくても、ターゲットの自宅にすでに誰かが盗聴器を仕掛けられている場合もあります。入居前に大家さんや業者、不動産屋さんと部屋の内覧に来た顧客が興味本位で仕掛けていたり、前の住人が盗聴のターゲットになっていたりというパターンです。

盗聴器(発信機)の発する電波は、受信機さえあれば誰でも拾うことができます。盗聴被害は増える一方だからこそ、他人の設置した盗聴器を利用した盗聴もしやすくなっているのです。

ストーカーに盗聴されないように自分で対策する

ストーカーに盗聴器を仕掛けられることがないように、かつすでに仕掛けられた盗聴器を悪用されないように、自分でできる対策はいくつかあります。そのためにはどんな場所に盗聴器が仕掛けられやすいかを知ることです。

まずは盗聴器を発見したときの対処法と注意事項を必ず確認して、正しい盗聴対策を行ってください。

盗聴器を発見したときの対処法と注意事項

ストーカーの盗聴は相手が誰でもいいわけではなく、決まったターゲットのプライベートを盗み聞きしたい、個人情報を集めたいなどのはっきりした目的があります。よって、盗聴器が撤去されたら終わりとはなりません。

盗聴器が撤去されたことに気づいたら、ストーカーは新たに盗聴器を仕掛けに来たり、あるいは撤去されたことに逆上したりしがちです。

そういった余計なトラブルを避けるために、そしてできるなら盗聴器を利用してストーカーをあぶり出せるように、慎重に対応しなくてはなりません。

盗聴器を発見したときの対処法・注意事項

盗聴器を見つけたことを声に出さない:
盗聴器を見つけたことを気づかれないようにするため。
                
盗聴器は撤去しない:
盗聴器を見つけたことにも気づかれないように、かつ指紋などを消さないようにできれば手も触れない状態のまま探偵に相談を。
普段通りに過ごす:
急にしゃべらなくなるなどの変化があると盗聴器を見つけたのではないかと疑われるため。
大事なことはメールや筆談で伝える:
ストーカーや盗聴犯に余計な情報を与えないように。              
盗聴器の近くで音楽を流す:
会話を聞こえにくくするため。     

ストーカーによる盗聴は特に慎重な対応が必要となります。解決には必ず探偵など調査のプロの手を借りてください!

自宅を盗聴されないために

家の中で仕掛けられやすい場所

  • 大型家具や家電の内部・裏面・下部など
  • ブレーカーの内部
  • ぬいぐるみ・花束・鉢植えの中(特にプレゼント)
  • 電話機の下
  • ベッドの下
  • 換気扇の内部
  • 照明器具
  • ドアポスト上部
  • エアコンの室外機・室内機
  • その他、陰で暗くなっているところ、高くて見えない場所

見つかりにくい場所、部屋に侵入しなくても設置できる場所に仕掛けられやすいです。上に挙げた場所を中心に、見覚えのない物や買った覚えのないもの、不審なものがないかチェックしてみてください。

家に仕掛けられやすいものに、コンセントタップやアダプター型の擬態型盗聴器があります。これらは実際にコンセントタップやアダプターとしても機能するうえ、配線に詳しい人でもなければ設置されても気づきません。

車を盗聴されないために

車の中で仕掛けられやすい場所

  • ダッシュボードの中
  • 座席シートの下や脇
  • ぬいぐるみなどの装飾品の中
  • 車内の照明器具の内部
  • その他、陰で暗くなっているところ、見づらい場所

車の中は狭いわりに隠しやすい場所がたくさんあります。暗い場所が多いので探す際には懐中電灯などがあると便利です。

また誰かの忘れ物(携帯電話、USB、ペン、カードケース、キーホルダーなど)が盗聴器である可能性もあるので、そのまま置いておかず盗聴できないように何かでくるむなどして集音できない形で保管しておきましょう。

スマホを利用した盗聴を防ぐために

スマホの盗聴アプリへの対策

  • 自動ロックの設定時間を短くし、第三者に見破られにくいパスコードを設定する
  • 絶対にスマホをなくさない・第三者の手に渡さない
  • スマホのアプリ一覧をチェックして見覚えのないアプリを逐一削除する
  • 設定から「実行中」のアプリに覚えのないものがないかチェックする
  • 不審な点があればスマホを初期化する
  • フリーWi-Fiや不明なWi-Fiには接続しない

他人のスマホが置かれていたら気づきやすいですが、自分のスマホを盗聴に利用されていてもなかなか気づけません。盗聴アプリには起動していることもインストールされていることもわからないものもあるからです。

自分のスマホを定期的にチェックして、盗聴アプリをインストールされる危険を取り除くことが一番の盗聴対策になります。

自分ではわからなければ探偵や盗聴器発見調査のプロか、携帯電話に詳しい業者に相談してください。

自分で盗聴器を発見する方法

確実にすべての盗聴器を発見するのは素人には無理ですが、自分で盗聴器を探す方法がないわけではありません。

自分で盗聴器を発見する方法

目視:
仕掛けられやすい場所に怪しい物がないかを目で見て探す。
ダイヤル式FMラジオ:
ダイヤル式FMラジオで盗聴器(発信機)の電波を拾って探す。
盗聴器発見器:
電器店などで売られている盗聴器発見器を用いて探す。

ラジオも盗聴器発見器も、仕掛けられている場所がわからない盗聴器を探すにはそれなりの技術が必要となるため、素人には難しいです。逆にいつも過ごしている部屋や車内の異変や違和感を見つける目視なら、発見できる可能性は高いです。

詳しい探し方は、下の関連記事をご覧ください。その他の盗聴対策についても詳しく解説しています。

関連記事:自分で盗聴器を発見する方法と見つけた場合の対応方法

プロの専門業者によるストーカー・盗聴対策

盗聴調査には特殊な機材や技術がいるため、普通の人が自分でできることには限界があります。盗聴器発見調査を取り扱っている業者に依頼するのがベターです。

また警察は盗聴器発見調査を行っていません。なぜなら盗聴は犯罪ではないからです。

盗聴器発見調査は民間の業者に依頼するしかありません。それぞれの業者のメリットとデメリットをまとめました。

探偵によるストーカー・盗聴対策

メリット

  • 専門的な機材とプロのノウハウがある
  • 盗聴対策のアドバイスもできる
  • 盗撮カメラの発見調査もできる
  • 盗聴器の撤去だけでなく犯人探しもできる
  • 関連する他の犯罪の調査もできる

デメリット

  • 盗聴器発見調査に弱い探偵会社もある
  • 盗聴器発見とストーカー対策に強い会社を見分けなくてはならない

盗聴はストーカー被害のほんの一部にしかすぎません。ストーカー問題を根本的に解決するには、盗聴器を撤去するだけでなく盗聴犯の特定や尾行・証拠集めなどもできる探偵が最適です。

盗聴器発見専門業者によるストーカー・盗聴対策

メリット

  • 盗聴器発見に関しては最も高い技術とノウハウがある
  • 盗聴器発見を専門に行っているため価格が安い会社が多い
  • 盗聴の最新知識をもっている
  • 盗撮カメラの発見に対応している会社もある

デメリット

  • 盗聴器発見以外の調査ができない

単純に盗聴器を撤去したいだけなら盗聴器発見専門業者が一番ですが、ストーカー対策に関しては素人といわざるを得ません。

警備会社によるストーカー・盗聴対策

メリット

  • 大手の会社が多いので安心感がある
  • 総合的に住居・会社を犯罪から守れる
  • 盗聴に関する知識と技術も充分

デメリット

  • 犯人の特定などの調査はできない
  • 盗聴器発見調査を行っていない会社も多い

警備会社の仕事は、あくまで住居や会社などの建物を犯罪から守ることです。盗聴器発見調査や自宅周辺でのストーカー対策には強いですが、それ以外のことには弱いです。

しょっちゅうポストやドアにいたずらをされるなどの場合であれば、警備会社も証拠映像の撮影や現行犯逮捕ができます。ストーカー被害が自宅周辺に集中しているなら、警備会社に依頼するのもひとつの手です。

ストーカーによる盗聴を確実にやめさせるために

ストーカーによる盗聴は、より大きな被害や犯罪につながることがほとんどです。プライベートを勝手に聞かれるのも嫌なものですが、それよりも盗聴で得た情報をストーカーに悪用されることを絶対に防がねばなりません。

そのためには自分でできる盗聴対策をしっかり実行すること、そして根本的な解決を探偵に依頼することです。

盗聴の不安から解放され、かつストーカー問題も解決するためには、ストーカーに情報をつかまれないできるだけ早いうちに探偵に依頼してください。