「夫(旦那)が浮気している!」「許せない。慰謝料を請求して離婚したい!」「浮気の証拠を掴みたい!」との思いから、探偵に浮気調査を依頼する人は、年々増加傾向にあります。

特に浮気の事実を知った瞬間は、頭に血がのぼり、冷静でいられないものです。しかし、だからといって何の準備もしないまま、探偵に依頼することはおすすめできません。

ひとことで浮気調査と言っても

など、求める内容は人によって異なります。また、依頼を受ける側の探偵も、マニュアル対応ではありません。一人ひとりに合わせた対応が求められるため、お互いの意思の疎通が重要となります。

だからこそ、夫(旦那)の浮気調査を探偵に依頼する際には、必ず準備をしておかなければいけません。

ここでは、依頼前の準備、そして依頼する際の注意点についてお伝えしています。夫(旦那)の浮気調査(素行調査)を検討中の方は、まずは一度目を通してください。

夫(旦那)の浮気調査を探偵に依頼する前に!注意すべき3つのポイント

「すぐに探偵事務所に連絡をして、夫(旦那)の浮気の証拠を掴んでもらおう!」と、焦っている方にこそお伝えしたいことがあります。

焦る気持ちは、探偵側も十二分に理解しているつもりです。しかし、調査が開始してしまえば、後戻りはできません。後悔しないためにも、依頼前に注意すべき3つのポイントをご説明します。

依頼先は、信頼できる探偵事務所ですか?

おそらく、探偵事務所に依頼するのは人生で初めてという方が多いことでしょう。インターネット検索で探すこと自体は悪いことではありませんが「検索順位が上だから」「良い口コミが多いから」「調査料金が安いから」といった理由だけで、最初からひとつに絞ることはおすすめしません。

少なくとも2〜3つの探偵事務所に無料相談を行い、見積もりをとるようにしましょう。決める際には、見積もりの金額だけでなく、探偵との相性やコミュニケーションのとりやすさ、一方的に相手が話すのではなく、依頼主の話をしっかり聞いてくれるかといった点を重要視する必要があります。

探偵事務所の選び方に関しましては、下記ページにてより詳しい内容を記載しています。こちらもぜひ参考にしてください。

浮気調査を依頼した後、どうしたいですか?

「夫(旦那)が浮気しているかも!証拠を掴んでほしい!」と、熱く語る方の中には、浮気調査を依頼した後、証拠を得た後のことを全く考えていない方も少なくありません。

もちろん、結果報告書を見た後に最終判断をすること自体は何の問題もありません。

しかし

  1. 当初は「浮気の事実だけを知りたい」と、浮気の事実確認だけを依頼
  2. 浮気の事実確認後、追加で不貞行為の証拠を依頼
  3. 不貞行為の写真を含む報告書を確認後、浮気相手の身元調査を追加で依頼

のように、何度も追加調査が発生してしまうと、その分、余分な費用がかかります。

信じていた夫(旦那)の浮気の事実は、衝撃的な出来事です。しかし、怒りに任せて行動することは、良い結果をもたらしません。まずは少し冷静になり、今後の自分の人生について向き合うことをおすすめします。

その後、探偵への依頼を行動に移すことで、無駄なく浮気調査の話を進めることができるでしょう。

探偵に浮気調査を依頼することを、口外していませんか?

「旦那が浮気しているみたい。探偵に調査を依頼しようと思うのだけど、どう思う?」などと、周囲の人に相談するのは厳禁です。

探偵事務所への依頼は、人生初であることも多く、誰かに相談したいとの気持ちが高まることは十分理解できます。

しかし、どれだけ信頼できる人であっても口外は厳禁です。どこから夫(旦那)や浮気相手に情報が漏れるかわかりません。親、兄弟姉妹、親友、先輩、後輩であっても、探偵に依頼することは秘密にしてください。その覚悟が、調査の成功率を左右します。

夫(旦那)の浮気調査を探偵に依頼する前に準備すべきこと

探偵に依頼することを決めたら、信頼できる探偵事務所探しと同時進行で、浮気調査(素行調査)の依頼に向けた準備をする必要があります。

準備をどれだけしっかり行うかが、調査期間・調査費用、そして調査の成功率を大きく左右すると言っても過言ではありません。

夫(旦那)の情報を整理しておく

浮気調査を依頼することで、多くの場合、探偵は夫を尾行することになります。あなたにとってはよく知っている人物であっても、探偵からすれば他人です。

夫の情報を的確に伝えることが、浮気調査の効率化に繋がります。もちろん、探偵からも様々な質問をされることが一般的ですが、緊張で忘れてしまう可能性もあるため、あらかじめまとめておくと安心です。

特に、尾行の際に役立つ情報はしっかりまとめておきましょう。

  • 名前
  • 顔写真(メガネをかける人の場合、裸眼・メガネ両方の顔)、身長、体格
  • 携帯電話番号
  • 車の車種、色、ナンバー
  • 勤務先の社名、住所
  • 勤務時間
  • 残業の有無
  • 通勤方法
  • 通勤中の服装
  • よく行く店の名前、住所

上記の内容をベースに、他に特筆すべき点があれば、記載しておくと良いでしょう。

浮気に関する情報を整理しておく

浮気相手について、既に知っている情報があれば、あらかじめ整理しておきましょう。LINEのID、携帯電話番号、写真など、どのような些細な情報でも構いません。

その他

  • 浮気相手と夫がやりとりしたLINEやメールの文面
  • 浮気をしている可能性が高い日や曜日
  • 浮気をしていると気づいたきっかけ
  • 浮気に気づく以前と現在を比べて、夫が変わったと思う点

など、浮気調査に必要と思われる情報は、あらかじめ書き出し、整理しておきましょう。

無料相談、見積もり依頼の際にも、詳細な情報があるほど、具体的な話が可能になります。

決して無理に証拠を集めようとせず、通常モードを心がける

夫(旦那)の情報や浮気相手の情報、浮気をする可能性が高い日時、浮気相手とのLINE・メールのやりとりといった証拠は、あるにこしたことはありません。

しかし、だからといって夫(旦那)に怪しまれるような行動はNGです。探偵に相談する、依頼すると考えただけで、浮き足立ち、いつもと違う行動をとる妻は少なくありません。

例えば

  • 急に優しく接する
  • 急に冷たく接する
  • 「もし浮気していたら、離婚するから」など、浮気に関する言葉が増える
  • 「探偵に依頼したら、浮気はすぐにバレるらしいよ」など、探偵という言葉を匂わせる
  • 携帯電話を盗み見るチャンスを伺い、落ち着きがなくなる

といった行動は、夫(旦那)の警戒心を高めるだけで、何ひとつ良いことはありません。

浮気調査(素行調査)を成功させたいのであれば、探偵への依頼を匂わせることなく、通常通り過ごすことに力を入れてください。

依頼前の準備に関する、より詳しい内容につきましては、「探偵に依頼する前に知っておくこと!相談前の事前準備と確認」のページにて、記載しています。

こちらも合わせて、ご確認ください。

夫(旦那)の浮気調査(素行調査)の成功のカギは、依頼主の事前準備と探偵事務所選びにアリ!

夫の浮気調査を成功させ、求めている証拠を得ることができるかどうかは、依頼主がどれだけ事前準備をしたか、また、探偵事務所選びを的確に行ったかどうかで、ほぼ決まると言っても過言ではありません。

探偵に依頼した後、調査中に依頼主が気をつけるべき行動や注意点もありますが、やはり最初が肝心です。

探偵は、依頼主が伝えた情報をベースに、状況に応じて尾行や張り込み、聞き込みなどを行い、証拠を獲得します。だからこそ、最初にどれだけの情報を共有できるかといった点は重要です。

その上に探偵の技術・経験が加わることで、依頼主が求めている証拠、結果を導くことができると私たちは考えます。

探偵事務所SATでは、夫の浮気調査に関する様々なお悩み、不安に対して、的確なアドバイスを行うこと、そして最善の解決策に向け、共に歩む姿勢を大切にしています。

「まだ、あまり情報収集ができていないけれど、一度夫の浮気について相談したい」といった方や「浮気の事実を知り、動揺している」という方も、一度無料相談をご利用ください。

探偵事務所SATでは、強引な契約を迫ったり、決断を急がせたりすることはありません。現状の内容や依頼内容をお伺いした上で、依頼主の意思を尊重しています。

夫(旦那)の浮気調査(素行調査)に関するご相談・ご質問がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。