赤の他人(第三者)の素行調査は依頼可能?

家族、恋人、友人、会社の同僚といった直接的な関係がない、赤の他人に対する素行調査を依頼することができるかどうか、その答えは「探偵事務所によって異なる」です。

探偵は、探偵業法に基づき、調査を行います。調査で得た結果が、犯罪行為や差別行為、その他、違法行為に用いられる可能性がある場合、合法的に調査を進めている探偵であれば引き受けることはありません。

ここでポイントとなるのが、一般の人が、全くの赤の他人に関する調査を依頼する理由です。

探偵に依頼する人が年々増加しているとはいえ、一般的には家族や恋人、友人といった、依頼主と直接関係がある人物に関する依頼が大多数を占めています。

赤の他人の素行調査を依頼して得た情報は「ストーカーや嫌がらせなどの違法行為に使用されるのではないか?」と考える探偵も少なくありません。

そう考える探偵であれば、赤の他人に対する素行調査を引き受けることはないでしょう。

ただし、相談内容を聞いて「問題がなさそうだ」と感じた場合に限り、赤の他人の素行調査を引き受けるといった探偵事務所も存在しています。

第三者の場合は、通常よりも依頼までのハードルが高い

第三者、他人の素行調査を依頼するには、通常よりも依頼までのハードルが高くなると考えておいた方が良いでしょう。

  • 調査を依頼する目的(犯罪目的ではないかなど)の確認
  • 調査で得た結果を犯罪行為・違法行為に使用しないなどの誓約書の記入

最低でも上記2点は、必ず求められると考えてください。

なぜなら、調査結果を依頼主に渡した後、犯罪行為・違法行為に使用された場合、調査を行った探偵も罪に問われてしまいます。もちろん、探偵業法違反となりますから、今後探偵としての仕事をすることもできません。

そのため、通常の素行調査の依頼以上に、問題のない依頼主かどうかを念入りにチェックされると考えておいたほうが良いでしょう。

他人(第三者)の素行調査を依頼するために必要な準備とは?

他人(第三者)とひとことで言っても、状況によって、依頼する人物のカテゴリは大きく変わります。

例えば

  • アパートやマンションの隣に住んでいる隣人
  • 朝のウォーキング中、毎日すれ違い、挨拶をする関係の人
  • 男友達の結婚式で一度だけ出会った、新婦の友人
  • よく行くコンビニの店員
  • 自宅に荷物を届けてくれる宅配便スタッフ

など、状況は様々です。

他人(第三者)の素行調査を依頼するのであれば、最初に「目的を説明できるようにまとめておく」ことが何より重要と言えます。

通常の素行調査であれば、目的の整理整頓よりも

  • 知っている限りの情報をまとめておく
  • 調査のゴールをあらかじめ決めておく
  • 調査の期間・期限を絞る
  • 見積もり、報告形式、追加料金について確認する

といった準備が求められます。

しかし、他人(第三者)の調査を依頼する際には、目的説明の段階で、探偵に問題ないと判断してもらえなければ、契約に進むことはありません。

情報をまとめたり、期間・期限を絞ったりすることは、次の段階です。

他人の素行調査に関しても、事前情報が多ければ多いほど、実際の調査はスムーズに進むことが多いです。しかし「他人の調査を依頼する=今、知っている情報が少ない」ということは、探偵側も理解しています。

依頼前に素人が調べようとせずに、わかる範囲の情報を伝えることが重要です。

一般的な依頼内容の場合の詳細につきましては、素行調査・行動調査に関するよくあるご相談をご確認ください。

また「アパートの隣人の調査」の場合、隣人から嫌がらせを受けている場合は、嫌がらせ・いたずら・ご近所トラブル、ストーカー行為と思われる行動があるといった場合は、ストーカー調査・つきまとい被害対策として、依頼することができます。

他人(第三者)の素行調査を依頼すると、どこまでわかる?

他人(第三者)の素行調査の場合も、探偵業法に基づき、依頼主のお悩み解決につながる様々な内容を調べることが可能です。

依頼内容は、個別のケースによって異なるため、一般的な事例をご紹介します。

  • 名前
  • 住所
  • 年齢
  • 勤務先(学校)
  • 勤務先(学校)の住所
  • 学歴
  • 経歴
  • 職歴
  • 交友関係
  • 趣味嗜好
  • 収入
  • 借金
  • 病気
  • 金銭感覚
  • 日常生活の過ごし方(立ち寄る場所、出会う人物含む)
  • いじめやセクハラ、モラハラなどのトラブル関係

そのほか、個別ケースによる対応も可能です。「このような内容が知りたいが、調査は可能だろうか?」など、疑問点をお持ちの場合、まずは一度ご相談ください。

お引き受けできない素行調査について

前述しました通り、探偵だからといって全ての依頼をお引き受けすることはできません。探偵事務所SATでは、探偵業法に基づき、調査を行っています。

そのため

  • 違法性がある調査
  • 犯罪に関連する調査
  • 反社会的組織に関する調査

に関しては、一切お断りしております。

またご相談いただく中で、上記に当てはまる可能性があると判断した場合は、素行調査をお断りすることがございます。また、調査開始後も、状況によっては調査を中断させていただくことがありますので、ご了承ください。

他人(第三者)の素行調査を探偵に依頼する際に注意すべき2つのポイント

他人の素行調査を依頼する際には、探偵事務所選びが重要です。ここでは探偵に素行調査(行動調査)を依頼する際に、確認しておくべき2つのポイントをご紹介します。

1.他人(第三者)の素行調査に適した探偵事務所かどうか

一見、当たり前のことのように思えるかもしれませんが、探偵事務所によっては、理由や目的を問わず「他人(第三者)の素行調査はお断りしている」といったところもあります。

また逆に、詳しい内容も尋ねずに「どんな素行調査でもお引き受け可能です」とうたう探偵事務所の場合、違法調査などを行う可能性も高いです。違法調査を行う探偵に依頼することで、依頼主側にもリスクが生じます。

無料相談は、価格や調査内容だけを擦り合わせる場ではありません。依頼主が、どのような探偵事務所なのか、法律に基づき調査をしてくれるのかなどを確認し、探偵を見極める場でもあるのです。

2.アフターフォローや弁護士との連携について

他人の素行調査を依頼し、結果が出たとしても、その後「どうすれば良いかわからない」「結果をもとに、問題解決に繋げたいがどうすれば良いだろうか」と言われるケースは少なくありません。

第三者がトラブルの相手であり、証拠を見せて素直に引き下がる場合は良いですが、必ずしもそうなるとは限りません。裁判で戦う必要が生まれた場合、弁護士との連携が可能かどうかといった点も重要です。

調査結果を知った後のアフターフォローも含め、対応している探偵事務所を選ぶことをおすすめします。

他人(第三者)の素行調査を依頼する際は、対応可能かどうかをチェック!迷った際には、まずは無料相談を。

他人の素行調査の場合も、事前準備や判明する事実・内容に関しては、一般的な素行調査とほとんど同じです。

しかし、一般的な素行調査に比べて他人(第三者)の素行調査の場合は、契約に至るまでのハードルが高くなります。

  • 他人の素行調査に対応可能な探偵事務所かどうか
  • 探偵業法に基づき、違法調査をしない探偵事務所かどうか

といった点を、まず確認した上で、話を進めることをおすすめします。

探偵事務所SATでは、依頼前の無料相談の際に、依頼目的や現在の状況について詳しくお伺いした上で、問題ないと判断できた場合、他人(第三者)の素行調査についても対応しています。

依頼前後のカウンセリングや弁護士と連携したアフターフォローに力を入れており、依頼主の方と同じ立場で、一緒に問題解決を目指します。

また、探偵事務所SATでは、契約後の追加料金は一切いただいておりません。どうぞご安心の上、お問い合わせください。