家族のために、単身赴任をしてくれている夫に対して感謝の気持ちを抱いている方も多いことでしょう。

しかし、単身赴任=浮気の可能性がとても高いということをご存知でしょうか。

ここでは単身赴任中に浮気をしてしまう理由、単身赴任中の浮気の証拠を発見するための方法、そして浮気防止にできることについてご説明します。

単身赴任の夫を持つ方からこれから単身赴任を始める夫がいる方まで、ぜひ参考にしてください。

単身赴任中、つい男性が浮気に走ってしまう理由とは?

最初に、単身赴任中に浮気をしてしまう理由について見ておきましょう。理由を知ることが、浮気防止、浮気の証拠発見にも役立ちます。

かなり身勝手な理由と感じた人も多いかもしれません。

しかし、それだけ「単身赴任=自由な時間が多い環境」と言えます。逆に言えば、自由だと勘違いさせないことが浮気防止に役立つということです。

単身赴任先でも浮気させない!浮気防止方法をチェック

・「時間ができたら会いに行くね」と伝えておく

「突然行くかもしれないよ」というニュアンスを込めながらも、可愛らしく伝えることが大切です。突然妻が来るかもしれないと思えば、単身赴任先に女性を連れ込んだり、外泊したりする気持ちも萎えます。

本当に突然行くというよりも、行くかもしれないということを匂わせることが大切です。

  • 「来なくていいよ」
  • 「君も忙しいでしょう」
  • 「こっちから行くから」

など、断固拒否する言葉が出てきた場合は、浮気を疑ったほうが良いでしょう。

・連絡する時間帯をバラバラにしておく

毎日◯時、毎週◯曜日など、電話をかける時間を決めてしまうと「他の時間なら浮気してもバレない」と考えられる可能性があります。

電話連絡はランダムな時間に行いましょう。ただし、電話の頻度は最低でも3〜4日に1回程度がベストです。用事があるときは別ですが、特別な理由のない電話を頻繁にかけすぎると、疑われている気がして夫が不快に感じる可能性があります。

電話をかけた際に

  • なかなか出ない
  • 背後から女性の声がした
  • いつもと声のトーンが異なる
  • 早く切ろうと焦っている

といった兆候が見られた場合、怪しいと考えて良いでしょう。

・家族の写真、子どもの写真を部屋に置かせる

家族の写真や子どもの写真が置かれた状態で、浮気相手と性行為をすることに罪悪感を抱く男性は多いものです。

だからといって隠されないよう、スカイプなどで連絡をとった際には「壁に飾っている?見たいな」など、さりげなく写真の位置を確認するようにしましょう。

位置がずれている、元あった場所に写真がないなどの場合、一度外した、すでに隠しているといった可能性があります。

単身赴任中の浮気の証拠を手に入れたい!自分でできる方法とは?

単身赴任先の夫の自宅に行ける場合

単身赴任中の浮気の証拠を獲得するためには、何よりも実際の赴任先に行き、住んでいる部屋を確認することがベストです。

その時の確認ポイントを見ていきましょう。

・排水溝

浴室や浴槽の掃除をしたとしても、排水溝まで念入りに掃除する男性はほぼいません。排水溝のフタを開けた途端、女性の長い髪が出てきた、ヘアカラーで染まった髪が出てきたというケースもあります。

・クローゼット

ポイントとなるのは、たたみ方、片付け方です。夫がもともと几帳面で、自分で洗濯物をたたんでいた、片付けていたというケースを除き、あまりに綺麗に片付けられている場合、浮気相手がいる可能性大です。

浮気相手が家に上がり込み、洗濯、掃除、片付けをしていると考えたほうが良いでしょう。

・冷蔵庫

元々料理好きな人であっても、一人分をこまめに作るのは億劫なものです。家で全く料理をしないタイプにもかかわらず、生鮮食品が入っている、タッパーの中に手料理が入っているといった場合、第三者が料理をつくりに来ている可能性が高いです。

単身赴任先が遠く離れていて、頻繁にはいけない場合

子どもが幼い、単身赴任先が遠いなど、様々な理由によっては頻繁に訪問できないケースもあります。その場合はできる範囲でチェックしましょう。

・クレジットカード明細をチェック

短期間の単身赴任の場合、わざわざ住所変更をしないため、クレジットカードの明細も自宅に届きます。

  • 2人分のレストランディナー
  • ホテルの宿泊費
  • 遠方のガソリンスタンドでのガソリン代

など、何か引っかかるような内容があれば、利用日をチェックしておきましょう。

・SNSをチェック

夫のSNS投稿に、こまめにコメントをつけている女性はいませんか?コメントの頻度、いいね!のマメさは、親密さの現れです。何気無い文章であっても、頻繁に登場する名前はチェックしておきましょう。即浮気相手とは言い切れませんが、親密な関係にあることは間違いありません。

浮気を100%防ぐことは不可能!問い詰めすぎにも要注意

前述したように、単身赴任の夫の浮気を防ぐ方法、浮気を確認する方法は色々存在します。しかし、距離が離れている以上、100%浮気を防ぐことができないというのも事実です。

また、通常以上に浮気の証拠を隠すことができるのも、単身赴任ならではの特徴です。浮気に慣れている夫は、単身赴任先に妻が来たときに、どこをチェックするのかを考え、先回りしている可能性もあります。

浮気相手は部屋に入れない、洗濯物は触らせないなど徹底して浮気をしているケースもゼロではありません。

また、間接的な証拠ばかりのため、直接問いただしたとしても言い負かされてしまう可能性が高いです。

長い髪が排水溝にあったとしても「知らないよ」「前の住人じゃない?」「会社の同僚にロングヘアの男がいる」などと言われてしまえば、それ以上問い詰めることは不可能です。

逆ギレされたり、疑いすぎて家族への信頼がなくなったりしては、余計に浮気相手との関係が深まる可能性があります。

単身赴任中の浮気の証拠収集は、あくまでさりげなく、そして確実な証拠がない段階では踏み込まないことが重要です。

単身赴任の夫が浮気している証拠を確実に得るには探偵に依頼を

「浮気していたとしても、離婚までは考えていない」というケースであっても、いつどのように状況が変わるかわかりません。「離婚はしないが、浮気相手には慰謝料を請求したい」というケースもあるでしょう。

どちらにせよ、裁判レベルになった場合、浮気の証拠=不貞行為の証拠が必要となります。確実な不貞行為の証拠、浮気相手の特定をしたい場合は、探偵に依頼し証拠を集めることをおすすめします。

探偵事務所SATでは、大阪を中心とし、全国対応にて浮気調査の依頼をお受けしています。実際に赴任先に行くことができない奥様の代わりに、確実に、裁判でも使える証拠を獲得することが私たちの仕事です。

実際「単身赴任先での浮気は、一時的なものである」といった意見も少なくありません。単身赴任が終われば、浮気相手と自然消滅するケースも多数存在します。しかし、だからといって、単身赴任が終わるのをじっと待つ必要はどこにもありません。

浮気の証拠集め=離婚への準備ではないのです。いざという時のお守り代わりに、夫にお灸を据えるために、また浮気相手への慰謝料請求のために、など、あなたが描く未来に証拠を役立てるため、まずは探偵事務所SATにご相談ください。