電話番号調査は素人には難しく、探偵でも100%確実ではありません。しかし住所がわかっているなら、電話番号を特定できる可能性は高いです。

住所から電話番号を調べる方法はいくつかあります。探偵ならもちろんのこと、素人が自分で調べることも場合によっては可能です。自分で調べる方法と探偵の調査方法、そしてそれぞれのメリットについて解説します。

住所がわかれば自分でも電話番号が調べられる?

電話番号から住所を調べたり、名前から電話番号を調べたりするよりは、住所から電話番号を調べる方がまだ簡単です。素人でも調べる方法はいくつかあります。

しかし正しい知識のないまま電話番号を探すと、その過程で知らないうちに違法行為をしてしまうことがあるので注意が必要です。そしてもちろん、どのような調べ方であろうと取得した電話番号を悪用したら違法です。

以下にいくつか自分でもできる電話番号調査法を挙げますが、実際試すときは、くれぐれもこのことを忘れないでください。

「ハローページ」「104」などの公的サービス

まず誰でも利用できる電話番号検索サービスに、NTT発行の電話帳「ハローページ」と104の電話番号案内サービスがあります。

しかしハローページは名前(個人の氏名・企業名)から電話番号を検索する形式なので、住所から電話番号を調べるには適していません。また自分の住んでいる地域以外のハローページを取り寄せるには手間もかかるので、104の方が利用しやすいです。

但し104にかけて個人の電話番号を教えてもらうには、原則的に住所だけでなく相手の氏名(苗字だけでも)も必要です。しかし調べる対象が法人や企業、店舗などであればそれらの情報を確認したうえで教えてくれることもあります。

参考リンク:NTT西日本|104番

住所からインターネット検索

インターネット検索から電話番号がわかることもあります。この場合住所や相手の名前、企業・店舗などの名称など、できるだけ多くの情報がある方が見つかりやすいです。インターネット検索で情報を集める行為は違法ではないため、これで電話番号がわかれば問題ありません。

しかし企業や店舗ならともかく、個人の住所・氏名で検索して電話番号がわかるケースは限られています。電話番号を特定するには、ネットにアップされた学校の名簿などに的を絞って検索するなどの工夫が必要です。やはりここでも相手に関する情報をどれだけ持っているかがカギになります。

非公式の「電話番号検索サイト」を利用する

電話番号とそれに対応する住所・氏名の検索に特化した、電話番号検索サイトもあります。多くの個人名と固定電話番号・携帯電話番号が登録されています。

これなら住所から電話番号を調べられますが、問題は非公式のサービスだという点です。現在は取り締まられていませんが、今後違法とされる可能性もあるため、利用は完全に自己責任となることに注意してください。

「不動産登記簿」から電話番号を調べる

相手が不動産を所有しているなら、不動産登記簿を取得すれば登録してある電話番号がわかります。自宅住所でなく、所有している不動産の所在地がわかっているケースで可能な方法です。不動産登記簿の請求は有料ですが、インターネットでも手続きができるため便利です。

ちなみに不動産登記簿と同じ方法で、法人登記情報も調べられます。法人の代表の電話番号を知りたいなら、そちらの利用も考えてください。

この方法なら不動産登記簿に登録されている電話番号がわかりますが、それが個人の固定電話や携帯電話の番号であるとは限りません。しかし探偵に依頼する際には、登記簿にある情報も有力な手掛かりになりえます。

町内会などの名簿を見る

インターネットに限らず、限られているコミュニティで公開されている名簿も、合法的に取得したのなら問題ありません。相手の住所がわかっているなら地域で共有されている冊子などを探すのも1つの方法です。

住所とは関係ありませんが、その他学校やサークルの名簿などからでも電話番号を知ることはできます。最近では紙の名簿を作ることも少なくなりましたが、持ち主から直接見せてもらうなら法に触れることはまずないため、比較的安全な方法です。

探偵に住所から電話番号調査を依頼、メリットや注意点など

上でも少し触れましたが、調査のプロである探偵なら、様々な手掛かりから必要な情報を探し出します。自分で電話番号を特定できなかったら、是非探偵に相談してください。自分では無理でも探偵ならできる調査というのは、おそらくあなたが思う以上に多いですし、精度も段違いです!

メリット①|探偵なら現地調査も迅速・確実

では具体的に、相手の住所がわかっているが自分では電話番号調査をできず、探偵に依頼すべきケースとはどのようなものでしょうか。

電話番号調査を探偵に依頼すべきケース

  • ごく近くに同姓が多く、下の名前はわからない(104で調べられない)
  • 不動産登記簿を調べたが会社の番号しか書かれていなかった
  • 相手の住所が遠方なので踏み込んだ調査が難しい

このようなケースでは、相手の居住地に出向いて綿密な調査が必要になります。こういった調査を自分で行うと時間や労力がかかりますし、素人だと時間をかけても失敗することも多いです。

しかし、それを迅速かつ確実に行えるのがプロの探偵です。聞き込み・張り込みなどの現地調査で、多角的に様々な情報を集めて結果を出します。

メリット②|探偵独自のネットワークで調査できる

住所から電話番号を調べるのは、電話帳やインターネットに情報があれば素人でも比較的簡単ですが、そのようなケースはあまり多くありません。SNSなどは見つかっても、電話番号にはなかなか届かない…ということはよくあります。

しかし探偵なら、独自のネットワークとノウハウを駆使するため、ネット検索などの同じ調査方法であっても迅速かつ確実に特定が可能です。もちろん合法的に調査を行う以上100%ではありませんが、素人と比べればその精度は雲泥の差です。

そして上でも書きましたが、相手の居住地への出張調査が必要なケースであれば、なおさら探偵の調査力が物を言います。

メリット③|探偵ならではの柔軟な対応で他の方法で目的を果たせることも

住所から電話番号を知りたい、そう思っているかもしれませんが、本当に電話番号は必要でしょうか? 

電話番号を知って何をしたいのかを考えれば、実は他の方法でアプローチできるケースもあります。そして依頼者のニーズに合わせて臨機応変に対応ができるのは、探偵の強みの1つです。

他の方法でアプローチができるケース

■遠方にいる友人や昔の恋人と連絡がとりたい
探偵が探して会いに行って当事者同士の場を取り持つ
■借金を返さずに逃げた知人に返済を迫りたい
電話番号以外にも現住所や暮らしぶりを調査して返済方法を考える
■急に電話がつながらなくなった家族や恋人が心配
安否確認調査として依頼を受ける
■引っ越してから息子が電話番号をしてくれない理由を知りたい
素行調査・行動調査で解決

探偵ならこのように、様々な形で調査や交渉ができます。法的なトラブルであれば顧問弁護士の力を借りたり他の弁護士を紹介したりもしますので、相談する前に相手の電話番号を知りたい理由をはっきりさせておくと話が早いです。

探偵に依頼する際の注意点!「違法な業者」を見分ける方法

まず覚えておいてほしいのは、探偵の調査力が高いといっても、100%完璧に電話番号を特定できるわけではないということです。これはどんな調査でも同じですが、「100%確実に結果を出す」と謳っている探偵は、誇大広告ではないかと疑ってください。

それだけでなく、最悪の場合は違法な調査方法をとっている可能性があります。

違法な電話番号調査方法

  • 携帯電話ショップや電話会社の従業員を買収して聞き出す
  • 情報屋や名簿屋と呼ばれる違法行為を行う業者から情報を得る
  • 調査のふりをして相手をだます形で聞き出す
  • 本人の許可がないのに勝手に電話番号を教える/教えてもらう
  • 勤務先や学校が取得した電話番号を正しい目的以外で漏洩する/取得する

これらの調査はすべて、探偵や業者が行っても自分で行っても違法です。決して行わず、またそういった恐れのある業者には依頼しないでください。

またまともな探偵は違法な調査は行いませんし、犯罪やその他の不法行為に利用される恐れのある調査も行いません。つまり理由や事情をろくに聞かずに依頼を引き受ける業者は、それだけで悪徳業者の可能性があります。

探偵の見分け方について詳しく解説している関連記事があるので、探偵に相談する際はそちらもよく読んでください。

電話帳やインターネットで電話番号がわからなければ探偵に相談を

名前のみから電話番号を調べたり、電話番号から名前や住所を調べたりするよりは、住所から電話番号を調べる方が簡単です。電話帳やインターネットに情報があれば、素人でも見つけられます。

しかし逆に言えば、これらの方法で見つからなければ他に特定方法がありません。その先の調査を担うのが探偵です。

探偵の強みは、独自のネットワークと調査力、そして柔軟な対応力です。依頼者の目的を果たすのに最適な方法を選んで、プロのノウハウで迅速・確実に調査します。

悩んでいるなら是非探偵に相談してください。その際、悪徳業者にはくれぐれもお気をつけて!