浮気の証拠を得るために、盗聴器やボイスレコーダーを使用しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、せっかく浮気の証拠を掴んだと思ったにも関わらず「盗聴器の音声やボイスレコーダーの音声は、証拠として認められない」と判断される可能性が高いです。

さらにそれだけではなく、逆に配偶者や浮気相手から「違法行為である」として訴えられるリスクがあることも忘れてはいけません。

どういった行動が違法行為とみなされるのか、また、浮気の証拠として裁判で使いたい場合は、どうすべきかといった点について、ご説明します。

浮気調査中の盗聴行為は違法?答えは、ケースバイケース

結論から申し上げますと、盗聴行為は状況によって合法にも違法にもなります。

  • 合法・・・・・盗聴という行為
  • 違法・・・・・盗聴器やボイスレコーダーの設置前後に、違法行為が発生した場合

盗聴行為自体は問題ありませんが、設置の前後には特に注意が必要です。

それでは、浮気調査における盗聴行為を合法、違法別にみていきましょう。

盗聴行為が合法とみなされるケース

  • 自宅や自分が所有する車に盗聴器やボイスレコーダーを設置した

家や車など自分の所有物に対して盗聴器やボイスレコーダーを設置する行為には、違法性はありません。自宅の寝室に盗聴器を設置する、車にボイスレコーダーを設置するといった行為が、こちらにあてはまります。

盗聴行為が違法とみなされるケース

  • 浮気相手の家や敷地内に入り、盗聴器を設置した

第三者の家、敷地内に無断で侵入した場合「住居侵入罪」とみなされます。盗聴器を設置するために、部屋の一部を改造した場合は「器物破損罪」、現在のコンセントと盗聴機能付きコンセントを取り替えた場合は「窃盗罪」です。

  • 電話機に盗聴器を設置した

自宅、浮気相手の家どちらであっても、電話機に盗聴器を設置する行為は「有線電気通信法」「電気事業通信法」に反するため、違法行為と判断されます。

  • 盗聴器を設置したことで得た情報で、浮気相手や配偶者を脅した

盗聴器やボイスレコーダーを設置したことで「◯月×日、2人が会う」ことがわかったとしても、その内容を元に配偶者や浮気相手を脅すことで「脅迫罪」と判断される可能性もあります。

また、盗聴によって得た内容を元に浮気相手に付きまといや待ち伏せなどを行い、相手に恐怖心を与えた場合も「ストーカー規制法」違反となる可能性があります。


合法的に盗聴器で証拠を得るには限られた範囲

盗聴行為自体は、違法行為ではなく、素人でもボイスレコーダーを使うだけで、盗聴することは可能です。しかし、合法的に盗聴し、浮気の証拠を得るのであれば、自宅や自分の車といった限られた範囲で盗聴するしかありません。

自宅で浮気相手と電話をする人は、ゼロではないにせよ、それほど多いとは言えませんよね。そうなれば、車に設置することになりますが、音声を拾うためには運転席や助手席の近くに置く必要があり、見つかるリスクも高まります。

しかし、苦労して手に入れた音声は、実際に浮気の証拠として使えるのでしょうか?次の章にて詳しくご説明します。

盗聴で得た音声は、浮気の証拠として使える?答えはNO!しかし、他の証拠を獲得するために役立ちます

住居侵入や器物破損といった犯罪によって盗聴音声を得たとしても、もちろん裁判等で用いることはできません。また、自宅や車内などに設置し、合法的に証拠を得たとしても、実際に裁判で提出することは困難です。

配偶者や浮気相手が「自分の声ではない」と、否定した場合は、言い分を覆すための根拠が必要となります。声紋鑑定を行うこともひとつの方法ですが、浮気調査において頻繁に行われている方法とは言えません。

それでは、浮気の証拠を集めるために、盗聴をすることは無意味なのでしょうか?

答えはNOです。

素人が盗聴器やボイスレコーダーを使用し、浮気の証拠を見つけた上で、探偵事務所に依頼することで、調査の日程短縮に繋がる可能性があります。

また、探偵も浮気調査の依頼内容によっては、盗聴器を使用しています。「盗聴器=会話を盗聴する」とイメージされる方も多いですが、実際には張り込みに向かない場所(閑静な住宅地など)にて、調査対象者や浮気相手の外出タイミングを把握するため、ドア付近や玄関近くの植木鉢などに仕掛けることもあります。

盗聴器・ボイスレコーダーで得た内容を、そのまま証拠として使うのではなく、盗聴で得た音声を元に、さらなる証拠収集に用いると考えてください。

盗聴して浮気の証拠を得たいと考えているのであれば、まずは探偵事務所に無料相談を

盗聴行為自体は違法ではないものの、対象者に気付かれずに盗聴し、裁判で使用できる証拠を探すには、高度な技術が必要です。

また盗聴器またはボイスレコーダーを設置する時点で、対象者に気付かれるリスクが発生します。逆に「自分を疑っているのか」と問い詰められた場合、あなたはどうしますか?

配偶者が浮気をしていたとしても、無実であったとしても、発見された時点で、一気に立場は逆転してしまいます。

探偵は調査のプロです。盗聴器の設置が必要であれば用いますし、浮気の証拠を発見するための確実な方法があれば、そちらを優先します。素人は「浮気の証拠を掴むこと」を第一に考えますが、探偵は「調査対象者に気付かれず、浮気の証拠を掴むこと」を常に考え、行動します。

探偵事務所SATでは「裁判で慰謝料を請求したい」「離婚したい」といった明確な目標をお持ちの方から「配偶者が浮気をしているかもしれない」「もし浮気の事実が判明したら、どうすべきか悩んでいる」といった方まで、幅広い状況の方のご相談をお受けしています。

探偵事務所が重視しているのは、調査の質だけではありません。配偶者の浮気についてお悩みの方の気持ちに、いかに寄り添うかといった視点も大切にしています。まずは一度、無料相談にてお問い合わせください。