いじめに関する相談をした時、次のような意見を言われて苦しい思いをするいじめ被害者とその保護者の方が少なくありません。

  • いじめの現場を見ていないから判断出来ない
  • 証拠がないので事実かどうか証明出来ない
  • お話を聞いただけでは動きようがない

陰湿で悪質化している現代社会のいじめ問題を、刑事事件や民事事件として訴える人も多くなってきましたが、どのような機関に相談をしても必要となってくるのが「いじめが行われた事実を証明するための証拠」です。

いじめ被害者やそのご家族で証拠集めを行うことは勿論ですが、最近では「裁判で有効となる証拠を集めるために探偵事務所に依頼する」という方法を取る方も増えてきています。

もし探偵事務所に調査を依頼した場合、どのような方法でどのくらいの費用が必要となるのでしょうか。具体的な調査方法や調査費用について、例を挙げながら詳しく解説していきます。

いじめ調査でどのような事を探偵に依頼するのか詳しく解説

深刻ないじめ問題が社会的に認識されるにともない、探偵事務所にいじめ調査を依頼するケースもよく耳にするようになりましたが、日常生活とかけ離れた世界に感じてしまい、なかなか相談する決心がつかない方もまだ多くいらっしゃいます。

その原因の一つとして考えられるのは、「探偵事務所で行われる調査の内容がわからない」点ではないでしょうか。

どのような依頼に応えてもらえるのかがわかっていると、相談しやすくなり準備もスムーズに行うことが出来ます。探偵事務所で実際に行われている調査について、その内容を詳しくみていきましょう。

お子様の見守り調査

  • 目を離している隙にいじめられているかが心配
  • 日常生活を送る中でお子様を見守る時間が限られている
  • 自分で調べるとお子様が緊張して嫌がるかも知れない

このような理由から、いじめの証拠集めが上手くいかないという保護者の方も少なくありません。いじめ被害を受けているお子様の心配は尽きませんが、かといって仕事や家事で忙しい保護者の方が、一日中お子様を見守ることが難しいこともまた事実です。

探偵事務所では、保護者の方の代わりとなって尾行や張り込みを行い、お子様を見守るように調査を行います。お子様が顔見知りでない点が逆に良い機会となり、ありのままの状況を証拠として押さえられる点や、保護者の方だけでは手が回らない部分をお手伝いする形で調査を行なってもらえるといった部分で大変有効です。

いじめ加害者の素行調査

いじめ問題を訴える上で、いじめ加害者が意図的にいじめを行なっていることを証明する証拠は、とても重要となってきます。

  • 学校や加害者の親に対しては良い面ばかりを見せている
  • 周囲にバレないように隠れていじめを行なっている
  • いじめ加害者の名前を出しても信じてもらえない

最近のいじめは組織的に集団で行われることが多く、そのリーダー格となっている児童・生徒が対面的には優良であることも少なくありません。それだけに、学校や加害者の保護者から否定されることも多く、いじめ被害者側が苦しい立場となることもあるのです。

  • 学校やいじめ加害者側の否定的意見をくつがえす
  • 裁判で有効な証拠となる
  • いじめの相談がしやすくなる

いじめ加害者の素行調査で明らかになった事実があると、話し合いや相談をスムーズに行うことが出来ます。

いじめ加害者の保護者に関する調査

いじめ問題で民事訴訟を起こし被害者側を訴える場合、加害者の保護者が普段からどのような行動をとっていたのかが大切なポイントとなります。

  • いじめ加害者本人の不法行為を知っていながら無視していた
  • いじめ加害者に対する監督義務を放棄していた
  • 保護者側がいじめを隠蔽するような行動を起こしていた

このような行動があった場合、いじめの責任追及としてその保護者に対し損害賠償や慰謝料請求などを行うことが出来ます。社会的地位のある保護者の中には、いじめ問題そのものをなかったことにするため、周囲に圧力を掛けていじめ問題を隠蔽しようとするケースも実際に存在します。

責任追及から逃さないようにするためには、動かない証拠を準備することが大切です。

学校の教職員の素行調査

学校はある意味閉ざされた空間であり、そこで働く教職員は教育委員会を筆頭とした縦社会で動いています。つまり、学校の評判や教職員の評価が下がるいじめ問題の存在を、組織的に隠蔽しやすい環境なのです。

  • いじめの事実を訴えたのに教職員が動かなかった
  • いじめの存在を認識していたのに無視をしていた
  • 教職員もいじめに加担していた

いじめという不法行為を無視・放置するということは、学校における安全配慮義務違反となり、債務不履行として訴えるに十分な理由となります。認識の甘さから、担任の教職員自体に問題があることも少なくありません。教職員に対して不信感がある場合には、このような調査も必要となってきます。

証拠集めのお手伝い

いじめの証拠集めを行う上で、どうしてもご自身では難しい状況に陥ることもあります。

  • いじめ被害者のお子様の協力を得られない
  • レコーダーを使用してみたが音声が不明瞭でうまくいかない
  • 手持ちのカメラやビデオでははっきりとした画像が撮れない
  • いじめ被害者のお子様に気づかれないように器材を使いたい
  • どのような証拠が裁判で有効となるのか詳しく知りたい

いじめ問題を解決するために証拠集めを行うことは重要ではありますが、なかなか証拠が集まらずに焦ったり、一生懸命になりすぎて不法侵入や盗撮といった犯罪行為を犯してしまう保護者のケースもあります。

出来る範囲で無理をせず証拠集めを行い、難しい部分を探偵事務所に依頼してお手伝いしてもらうというのも一つの選択です。

いじめ調査を探偵事務所に依頼する費用の基本的な決め方を知っておく

探偵事務所に調査を依頼する時、費用について心配なさる方も多くいらっしゃいます。滅多に経験することがないだけに、目安となる金額も想像がつきにくいことと思います。

探偵事務所の費用は、一体どのように決められていくのでしょうか。具体的な例を挙げながら詳細をご説明していきます。

探偵事務所の費用の内訳

探偵事務所にかかる費用は、大まかに次のような内訳となっています。

  • 調査料金…着手金、人件費、早朝や深夜の割増料金など。
  • 必要経費…交通費や機材の使用量など。
  • 成功報酬…依頼が成功した時に支払われる料金
  • 手数料…調査報告書などの作成にかかる費用

調査を行うためには現場に調査員を派遣し、機材などの使用して証拠を押さえなければなりません。証拠は報告書としてまとめられ、裁判所でも有効となる証拠として依頼者に渡されます。調査内容が成功している場合には、成功報酬がプラスされることになります。

探偵事務所により詳細な部分には多少の違いが出てきますが、どの探偵事務所においても基本的に上記した項目は含まれています。事前の見積もりで内訳を確認して、不明な点は必ず質問をしてクリアにしておくと良いでしょう。

調査費用を左右するポイント

探偵事務所の調査費用は、次にあげる項目に大きく左右されます。

  • 全体的な調査時間の長さ
  • 調査員の人数
  • 調査の難易度

多くの探偵事務所では、時間単位制+成功報酬+経費という形式の計算方法を採用しています。調査員は時間単位で調査を行なっているので、調査時間が長いほどその分の費用が加算されていきます。また、調査の内容によっては調査員も増員する必要があるため、その点も調査費用に大きく影響が出てきます。

  • 依頼内容を具体的にまとめておく
  • いじめに関係する証拠を出来る限り集めておく
  • 不安な点やわからないことを質問してよく相談する

このようなポイントを押さえて探偵事務所に相談すると、より明確な見積もり金額が出せるだけでなく、探偵事務所の対応を確かめる上でも有効な方法となります。

いじめの調査費用の相場

調査内容は依頼者それぞれですので、当然費用も依頼内容によって変わってくるのですが、いじめ調査にかかる費用の相場がわかっていると、その金額を目安にして依頼内容を検討したり探偵事務所を探しやすくなります。

実際に依頼した方々の費用やホームページなどに記載されている調査費用を見ながら、いじめ調査費用の相場を考えてみましょう。

探偵事務所では、ある程度必要な調査を最初から設定したセット価格を用意している場合があります。その価格に含まれている調査以外に必要な調査がある場合には、セット価格にプラスしていく形です。

  • 一日8万円から10万円前後のセット価格が一番多い価格帯である
  • 調査日数が追加されるとその分の費用がプラスされる
  • 契約した内容以外の調査を勝手に行うことは無い

最初から基本となる金額が提示されていると、依頼者側にとっては金額が目に見にえて安心という利点があります。

実際に調査を依頼した方の平均費用は約25万から30万円となっていますが、頼んだ探偵事務所や調査方法・日数などでも金額に変化がありますので、参考程度に頭に入れておくと良いでしょう。

費用が安くすむいじめ調査のケース

それでは具体的なケースを挙げながら、費用がどのくらいになるのかをみていきましょう。

いじめ調査で費用が掛からない条件とは、以下のようなケースになります。

  • いじめの事実が本当かどうか真実が知りたい
  • すでにいじめ加害者がはっきりしておりその確証となる証拠が揃っている
  • いじめに関する証言が多く集まっており信憑性が高い
  • 登下校時中のいじめを目撃しているので尾行や張り込みが簡単に行える
  • いじめ加害者の保護者や学校が納得する証拠が欲しい

これらのケースに共通しているのは、事前情報が多く調査内容が比較的簡単であるという点です。このような目的で調査を依頼する場合、調査の日数やそれに掛かる下調べがほとんど必要ないため費用がかかりません。早ければ数時間、遅くても1〜2日で目的を達成出来ます。

  • 時間や曜日を指定してピンポイントでの調査を依頼する
  • 必要としている証拠の具体例をあげる(画像・音声など)
  • 調査の目的をはっきりと伝える

費用を安く抑えたい時にはこの3つの点を意識して探偵事務所に相談し、調査がシンプルな形で進むよう話し合いをするようにしましょう。

調査費用が高額になるケース

調査の内容が難しい場合、調査日数や調査員の増員・調査の計画が緻密になることから費用が高額になってきます。

  • いじめを刑事事件として訴えるために警察に提出する確証が欲しい
  • いじめ加害者とその保護者に損害賠償と慰謝料を請求したい
  • いじめを放置していた学校を訴えたい
  • いじめを黙認していた教職員の処分を望んでいるので証拠を集めたい
  • いじめ加害者が複数いるので調査員と調査日数が増える
  • いじめの具体的な情報がほとんど無く調査が難しい
  • 裁判で有効となる証拠を集めたい

いじめ問題の解決には証拠を集めることが不可欠ですが、その目的が法的な責任追及になってくるとまた違った難しさが出てきます。

  • 確実に加害者がいじめを行ったという証拠
  • いじめを原因とした損害であることの証明
  • 法的責任を追求できるだけの違法性・違反性があったという証拠

裁判で勝つことが目的となっている証拠集めは、より確実性が求められることから調査内容も難しくなり日数も掛かってきます。少しでも費用を安くを抑えるためには、ご自身で可能な限り証拠や証言を集めておき、調査がスムーズになるための準備を整えておくことが重要です。

いじめ調査を探偵事務所に依頼する前の準備とは

探偵事務所に依頼をするにあたり、どのような準備をしておくと良いのでしょうか。実は、その準備内容によっては調査時間も変わってくるため、費用に違いが出て来るのです。探偵事務所に依頼する前の準備について、詳しくご説明していきます。

いじめ問題解決の最終決着点を決めておく

まず最初に、「どのようなことが依頼の最終目標であるのか」を決めておきましょう。

  • いじめの事実があるかどうかを知りたい
  • いじめの加害者が誰であるかをはっきりさせたい
  • いじめ加害者を刑事事件で立件したい
  • いじめ加害者とその保護者に対して民事訴訟を起こしたい
  • いじめを放置した学校に損害賠償・慰謝料請求を行いたい

調査の目的がはっきりしていると調査方法の計画が立てやすくなり、探偵事務所との相談もスムーズになります。いじめ被害者とそのご家族にとっても、目的意識が心を奮い立たせるきっかけに繋がりますので、具体的な目標を決めおきましょう。

いじめ問題に関する証拠や情報を集めておく

どのような些細な証拠やメモであったとしても、調査のプロである探偵事務所は重要な事実を見つけることが出来ます。

また、調査対象者となる人物や周辺地域の細かな情報を伝えておくことで、より綿密な計画を立てることが可能となります。

  • 調査対象者の顔写真やプロフィール
  • お子様が通っている学校の住所や名前
  • お子様の登下校ルートやよく利用する公共交通機関
  • お子様の一週間のスケジュール
  • お子様からよく名前を聞く友人の写真や詳細な情報
  • 頻繁に遊ぶ公園や出かける施設の名前と住所
  • いじめ加害者側の出来るだけ詳しい情報
  • お子様が受けたいじめ被害の詳細を書き残したメモ
  • いじめにより破損した物品
  • いじめで汚された洋服

この他にも、保護者の方が気になったことがある場合には全てメモや証拠記録として残し、探偵事務所に相談してみましょう。

探偵事務所選びを慎重に行う

探偵事務所は決して敷居の高い場所ではなく、いじめ問題に一緒に取り組むパートナーです。いじめというデリケートな問題をご相談し、解決へ向けて行動を共にするためには、心からの信頼と安心が重要なポイントとなります。

  • 契約する前から親身になってアドバイスをしてくれた
  • 丁寧な言葉使いで質問にもわかるまで答えてもらえた
  • 料金説明をうやむやにせず詳細な見積もりを出してもらえた
  • いじめを受けた子どものことを一番に考えて計画を立ててくれた
  • 不安が解消されるまで根気よく話し合いをしてもらえた
  • 契約を急がせたり圧力を掛けたりしなかった
  • 契約書を作成して詳細な内容を文書に残してくれた

このようなポイントが信頼する決め手となり、実際に探偵事務所に依頼をしたという方も少なくありません。そしてこれらはすべて、優良な探偵事務所ではごく当たり前に行われていることでもあります。

もちろん、人間同士なのでお互いの相性などもあります。優良探偵事務所であっても、担当者との息が合わずに困惑する可能性も考えられます。探偵事務所を選ぶ時には必ず複数の事務所に見積もりして、安心と信頼が得られるかどうか比較検討しながら慎重に選ぶようにしましょう。

まとめ

探偵事務所にいじめ調査を依頼する時のポイントや費用について、詳しくご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。最後にもう一度、内容をまとめてみましょう。

  • 探偵事務所では依頼内容や状況に合わせて様々な方法で調査を行なっている
  • 保護者だけでは手が回らないところを助けてもらえる
  • 費用は「調査人数」「調査時間」「依頼内容の難易度」によって差が出てくる
  • いじめ調査にかかる費用の相場は約25万円から30万円
  • 探偵事務所に依頼する前に出来るだけいじめの証拠や情報を集めておく
  • どのような目的で調査を依頼したいのかをはっきりとさせておく
  • 必ず複数の探偵事務所で見積もりを取り比較検討をして慎重に依頼先を決める

探偵事務所に調査を依頼することで、見落としていた事実や重要な証拠が集められるだけではなく、ご家族の大きな安心へと繋がることも少なくありません。無料相談を受け付けている探偵事務所も多いので、ご家族だけで悩まず気軽に相談から始めてみましょう。