結婚を意識したお付き合いをしていると、相手の両親やその家族・親族との関係も気なるポイントになります。婚約者や恋人との関係が良好でも、相手の家族・親族に問題があることで結婚生活に支障が出ることも少なくありません。

もし結婚調査で相手の家族や親族を調査した場合、どこまで真実に迫ることが出来るのでしょうか。探偵事務所の結婚調査でわかる相手の両親・家族・親族の情報について、具体例を挙げながら解説していきます。

結婚相手の親・家族や親戚の具体的な調査例

お付き合いしている相手とは違い、その両親や家族・親族とは頻繁に顔を合わせる機会はありません。最悪の場合、結婚するまでに家族・親族に問題があっても気がつけず、それが原因で離婚となるケースもあります。

もしその前に家族・親族に関する情報があれば、結婚する前に落ち着いてじっくり判断することが可能となるのです。

では、探偵事務所に相手の家族・親族に関する調査を依頼した場合どこまで調査することが出来るのか、その詳細をみていきましょう。

結婚相手の家族構成や経歴

結婚相手の家族構成やそれぞれの家族の経歴は、結婚調査の中でも基本となる情報です。主な内容としては、次のような項目になります。

  • 家族構成はどうなっているのか。(父・母・兄弟姉妹の人数・祖父母など)
  • 再婚家庭かどうか(死別や離婚による再婚・兄弟姉妹との血縁関係など)
  • 両親の仕事や経歴(勤め先・勤務形態・役職・年収・学歴など)
  • 兄弟姉妹の仕事や経歴(学歴・職歴・現在の勤め先・結婚や離婚の有無など)
  • 現時点での居住状況(兄は結婚して独立している・妹が離婚して戻ってきているなど)
  • 異父・異母兄弟がいるかどうか
  • 甥や姪となる子どもがいるかどうか

相手の家族については普段の会話から尋ねることも出来ますが、結婚したら徐々に理解するだろうと判断されて詳細を省かれることも少なくありません。その結果、いざ結婚した後に事実を知って困惑するといったケースもありますので、相手の家族構成や経歴を事前に調査依頼する方も多くなってきています。

結婚相手の親戚の経歴

結婚後にお付き合いがあるのは、相手の家族だけではありません。両親の兄弟姉妹や従兄弟といった親戚の場合、何かの用事で顔を合わせることが多いため調査の対象となります。

  • 相手の両親の兄弟姉妹の経歴(叔父・叔母の職歴や学歴など)
  • 従兄弟の経歴(職歴・学歴・現在の状況など)
  • 親戚とのお付き合いの距離感(生活への干渉があるかどうか)

相手の家族に問題がなかったとしても、頻繁にお付き合いをしている親戚に問題があると結果として自分たちの生活に支障を出す可能性があります。特に、田舎である程度影響力を持つ一族の場合、家族そのものより親戚の方から口出しされて精神的に疲弊することも多いのです。

そういった点を踏まえた上で、結婚調査では親戚にまで範囲を広げて調査を行うことがあります。

結婚相手の家柄や家系など

結婚相手の家柄や家系で気になることがあり調査をして欲しいと依頼をする人もいます。目的はそれぞれ異なりますが、結婚後の生活に馴染めるかどうかが共通している不安要素です。

  • 地元の名士で政治的な付き合いが広い。
  • 古くから続く家系でしきたりが多い。
  • 跡継ぎや跡目争いがあるかどうか。
  • 結婚後に強要される決まりごとがないかどうか。
  • 皇族と繋がりのある家柄でお付き合いが難しい。

一般的な結婚では想像がつかない部分ですが、実際に調査をしてみると「分家の問題は本家に必ず相談する」「一度結婚したら縁が出来るので離婚をしても親戚付き合いを強要する」といったケースも存在します。家柄や家系に伝わるしきたりに馴染めず離婚となることもあるのです。

古くから続く家系や家柄のルールは、結婚してからでなければわからない点がたくさんあります。探偵事務所の調査では、このような点も聞き込みなどで詳しく調べていきます。

家族や親戚にトラブルがないかどうか

お付き合いしている相手の家族・親族がトラブルを抱えていると、結婚後の生活に影響が出ることがあります。

  • 兄弟が引き篭もりで両親が面倒をみている。
  • 親が自営業だが経営が思わしくない。
  • 借金が多い。
  • 親族の借金の連帯保証人になっている。
  • 親族内で相続問題が発生している。
  • 家族や親族に前科のある人がいる。
  • 裁判で訴えられている。

このような問題を抱えていることも勿論ですが、お付き合いをしている相手にこうした事実を隠していることがあるという点が一番問題となります。念のため結婚調査を依頼したところ、相手が故意に隠していた家族や親族の問題がわかったというケースも実際に存在します。

場合によってはお付き合いしている相手も知らなかった事実という場合もありますので、確認する意味で調査を依頼してみるのも良いでしょう。

家族や親戚に対する周囲の噂

お付き合いしている相手の家族や親族がどのように思われているのか、ご近所の方や会社の人が話している噂を調査します。周囲の噂を知ることで、当事者ではない第三者の目から見た家族や親族の本当の姿を把握することが出来ます。

  • 夜中によく大声で喧嘩している。
  • 仕事は出来るが口が悪く八つ当たりが酷い。
  • 陰口や嫌がらせなどを行なっている。
  • 挨拶もせず印象が悪い。
  • 過去に警察から厳重注意を受けている。

結婚をすると自分も相手の家族・親族の一員となるので、何もしていなくても敬遠されたり同じような目で見られてしまう可能性があります。家族や親族に対する周囲の噂の調査では、噂の内容やその真偽まで含めて調べていくことになります。

探偵事務所が結婚前の身辺調査を引き受けないケースもある

お付き合いをしている相手の家族・親族に関する調査は、探偵事務所で行われている結婚調査でも多い依頼ではあるのですが、依頼内容によっては調査をお断りするケースもあります。

では、探偵事務所が引き受けない依頼内容とはどういったものなのか、その具体例をみていきましょう。

同和問題をふくんだ調査

探偵事務所に結婚調査を依頼する人の中で、次のような内容を相談するケースがあります。

  • 親や親戚が部落差別の地域に住んでいないか調べてほしい。
  • 親や親戚が部落差別地域の出身者かどうかを知りたい。
  • 公害のあった地域の出身者がいないかどうか確認して欲しい。

このような依頼の背景にあるのは、部落差別や差別意識の高い地域との関係性を持ちたくないという考えです。同和問題についての教育が進んできた現代であっても、残念ながら差別意識を持つ人は少なくありません。

このような差別的な意識に基づいた調査依頼の場合、優良な探偵事務所では依頼をお断りすることがあります。

身体的特徴や障害などについての家系調査

探偵事務所では結婚相手の家系調査を行なっていますが、次のような内容に関してはお断りすることがあります。

  • 相手の家系に身体障害者がいないかどうかを知りたい。
  • 精神的疾患のある子どもが生まれやすい家系かどうかを確認したい。
  • 相手の家族に障害のある人がいたが、事故か生まれつきかを知りたい。

大変残念なのですが、こうした身体的・精神的障害の遺伝を気にして依頼するケースはいまだに多く、このような調査を依頼したことで相手の信用を失い破談となった人もいます。

優良な探偵事務所では人道的にも問題がないように配慮しているので、このような人権侵害につながる依頼はお断りされることがあります。

容姿差別に関係する家系調査

容姿差別というとピンとこないかも知れませんが、簡単に言うと「見た目の良し悪し」にこだわった家系調査です。具体的には次のようなケースとなります。

  • 二重まぶたが多いかどうか確かめて欲しい。
  • 家族や親族の身長がどの位なのかを知りたい。
  • 家系的にハゲが多いか調べて欲しい。
  • 太りやすい家系かを知りたい。
  • 足の長さや骨格などの身体的特徴が遺伝しているのか知りたい。

驚かれるかも知れませんが、これらは実際に探偵事務所に相談があったケースなのです。調査自体は出来ないわけではありませんが、容姿差別とも取れる内容は人道的に問題がありますので、探偵事務所では依頼をお断りすることになります。

結婚調査を依頼する前に必要な準備について

探偵事務所に相談をする前には、いくつか準備を整えておく必要があります。特に相手の家族・親族に関する調査では、事前にどれだけ情報が集まっているかも大切なポイントとなります。調査を依頼する前に必要な準備について、詳しく説明していきます。

基本的なデータを集めておく

探偵事務所の調査の基本は、「尾行」「張り込み」「聞き込み」です。これらの調査方法では、調査対象者の情報が事前にどれだけ集まっているのかが重要です。下記のページでは、事前に集めておくべき項目を詳しく解説していますので、こちらを参考にまずは情報を整理しておきましょう。

相手の家族・親族に関する調査の場合、以下の点も考えておく必要があります。

  • 調査をして欲しい相手の人数(両親2人・家族全員など)
  • 調査内容を明確にする(仕事に関して・生活全般に関してなど)
  • 調査の範囲(三親等内までの親戚・遠縁の親戚まで範囲を広げて欲しいなど)

調査の目的や内容がはっきりしているほど探偵事務所も相談にのりやすく、調査計画や見積もりも詳細に出すことが出来ます。

しかし、情報が必要だからと無理をしてしまうと、相手に気づかれたり関係が悪くなったりする可能性もあります。事前の情報集めは決して無理をせずできる範囲内で行い、気軽に無料相談をしてみましょう。

優良な探偵事務所を選ぶ

せっかく探偵事務所に相談をしても、調査内容に人道的な問題がある場合、良識のある探偵事務所では依頼をお断りされることがあります。逆に、どのような依頼であっても断らない探偵事務所の場合には、良識に欠けて犯罪まがいの調査が行われている可能性があるのです。

もし悪質な探偵事務所に依頼をした場合、探偵だけではなく依頼者にも責任追求がおよぶことがあります。優良な探偵事務所を選ぶ方法やポイントについて、下記のページで詳しく解説しておりますので、こちらを参考に探偵事務所選びをしてみましょう。

わからない場合はまず無料相談を利用する

依頼をする前にはあれこれ考えてしまい、なかなか準備が進まなかったり悩むことも多いですよね。特に相手の家族・親戚に関する調査は対象者の人数や範囲の幅が広いので、何をどこまでまとめれば良いのか、ポイントが掴めないこともあるかと思います。

そのような場合には、自分がどのようなことを不安に思っているのか正直な気持ちをまとめた上で、アドバイスを貰う気持ちで無料相談を利用してみましょう。探偵事務所の対応を見る良い機会にもなりますので、気負わず相談してみて下さい。

まとめ

お付き合いをしている相手の家族・親族に対する結婚調査について、詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか。最後にもう一度、内容を簡単にまとめていきましょう。

  • 家族や親族に対する結婚調査では、経歴・職歴・家系・家柄・家族や親族の抱えるトラブルの有無・ご近所や会社での噂といった内容を調査出来る。
  • 探偵事務所では、人道的に問題があると判断される調査は断られることがある。
  • 事前にある程度の情報を集めておくと有効だが、家族や親族の調査は幅が広いので決して無理はせず、気軽に探偵事務所の無料相談を利用する。

将来の家族・親族の抱える問題は、そのまま自分自身にも降りかかる可能性があります。早い段階で問題点がわかっていると、話し合ったり考える時間を設けることができますので、そのお手伝いを探偵事務所に依頼してみましょう。