配偶者の浮気に気付いたとしても、相手がどこの誰であるかを調べるのは難しいものです。しかし、浮気に気付いた多くの人は、相手の特定を希望します。

など、理由や目的は様々です。しかし、どんな理由にせよ、次に進むためには浮気相手の特定は欠かせません。

特に慰謝料請求をするのであれば、内容証明郵便を送るためにも浮気相手の本名・現住所を知る必要があります。

ここでは、配偶者の浮気に気付いた素人ができる調査方法、そしてプロが行う浮気相手の特定方法、そして浮気相手を特定する大きなメリットについてご説明します。

浮気相手を特定したい!発見・見つけるために、自分で出来る方法は?

最初に、浮気相手の情報を得るために、素人が調査可能な3つの方法について見てみましょう。

配偶者から直接聞き出す

配偶者が浮気を認めている場合は、問いただすことで浮気相手の情報を得ることができます。しかし、同窓会で再会した元同級生や会社の同僚など見知った関係であるにも関わらず「出会い系サイトを通じて出会ったから、詳しいことは知らない」など嘘をつく可能性もあるため、100%信用することは避けましょう。

さらに、本当に出会い系サイトを通じて知り合った場合、配偶者も相手の本名や住所、未婚か既婚かといった情報を知らないことがあります。

その他、浮気の事実は認め、謝罪するものの「相手に迷惑をかけたくないから、相手のことは話さない」と話すケースもあり、配偶者から情報を聞き出すことは、簡単ではありません。

配偶者の携帯電話やLINEから探す

机の上に放置している配偶者の携帯電話の履歴やLINEのやりとり、保存している写真などから、浮気相手を見つけることができる可能性があります。

無断で画像ややりとりを転送することは違法行為となるため、発見した際は、自分の携帯電話のカメラで証拠写真を撮っておきましょう。

ただし

  • 配偶者がロックをしていないことが前提
  • 顔写真だけ、LINEのニックネームだけなど断片的な情報しか手に入らない
  • 偽名で登録している可能性がある

といった理由から、個人が完全に身元を特定するのは難しいと言えます。

配偶者のFacebookから浮気相手を探す

すでにある程度疑わしい人物がいる場合、さらに配偶者がFacebookを熱心にしている場合に限りますが、浮気相手と配偶者がFacebook上でつながっていれば、facebookを使って相手を特定できる可能性もあります。

親しげにコメントをしている異性や、常に「いいね!」をしている異性の名前と、配偶者の日頃の会話の中によく出てくる人物が一致した場合、何らかの親しい関係にあると考えて良いでしょう。

ただし

  • 配偶者がFacebookを利用している場合に限る
  • 浮気相手と思わしき人物が、限定公開をしている
  • コメントや「いいね!」が多いからといってそれだけでは浮気相手と決めつけることはできない

といった理由から、この方法も確実に浮気相手を特定できるとは言い難いのが事実です。

浮気相手の特定、プロはここが違う!探偵の身元調査方法と一連の流れをチェック

前述したように、素人が浮気相手を特定しようとするのは、とても難しいものです。

  • 得た情報が真実かどうか判断できない
  • LINEのID、顔写真、ニックネームなど断片的な情報は手に入ったが、人物の特定に進むことができない
  • 配偶者の携帯電話を触っていたら、気付かれ警戒された
  • 泣いて浮気を謝った配偶者をそれ以上問い詰めることができなかったが、精神的に辛い
  • 名前はわかったが、住所が特定できない

など、浮気相手を特定しようとしても様々なトラブルが起き、目的が達成できないという現実があります。特に断片的な情報から、本格的に浮気相手を特定しようとすれば「尾行」「盗聴」といった方法を実行しなければいけません。

しかし、素人が調査を行うことを、プロの探偵はおすすめしません。目的が達成できる可能性が低いこと、気付かれるリスクが高いことなど、あまりにデメリットが多いためです。

詳細につきましては、「素行調査は自分で出来る?自分で素行調査する方法とデメリット」に記載していますので、ぜひご参照ください。

探偵は現在の情報+尾行を元に、浮気相手の特定が可能

仮にあなたが

  • 浮気相手と思われる人物の顔写真
  • 浮気相手と思われる人物のニックネーム(LINE ID)
  • 浮気相手と思われる人物の携帯電話番号

などの情報を得ている場合、探偵は、それらの情報に加え、配偶者の尾行を行うことで、浮気相手を特定することが可能です。

また、上記の情報は、あるにこしたことはありませんが、浮気相手に関する情報が全くないとしても心配はいりません。

  • 浮気を怪しむようになった理由
  • 浮気相手と出会っていると想定される日時
  • 以前と比べ、配偶者が変わった点(趣味や服装、外出頻度など)

といった情報を元に、尾行計画を立て、浮気相手の身元特定につなげます。

まず、配偶者を尾行し、合流する姿を捉えます。そして配偶者と別れた後の浮気相手を尾行することで、家・住所の特定が可能です。

また表札などから苗字・名前を把握する、近隣への聞き込みを行う、翌朝出勤時に尾行し、勤務先を特定するといった方法も取り入れ、確実に身元を判明させます。もちろん、配偶者・浮気相手共に気付かれずに調査することが絶対条件です。

慰謝料請求を想定している場合は、同時に不貞行為の情報収集を

また、慰謝料請求をお考えの場合は、不貞行為に関する証拠も集めなければいけません。

浮気相手と思われる人物の身元特定ができれば、「私の旦那と浮気しているでしょう」「俺の妻と浮気しているだろう」と詰め寄りたくなるものです。しかし、証拠がない状態で怒鳴り込むことは危険です。逆に相手から名誉毀損で訴えられてしまう可能性もあります。

そういった状況を防ぐためにも

  • 不貞行為の証拠収集
  • 浮気相手の身元特定

の2点を同時進行で行う必要があるというわけです。

探偵の浮気調査手順や一連の流れに関しましては、別ページである「探偵の浮気調査の流れを解説!手順から見えるポイントと自分で出来ること」に詳しく記載しています。こちらも合わせてご確認ください。

浮気相手を確実に特定するためには、プロに依頼することが重要!

あなたが浮気相手を特定したいと考える目的は何でしょうか?

探偵に依頼することのメリットは、あなたの目的に応じた内容の調査が可能だという点にあります。

もし「配偶者も浮気相手も問い詰めるつもりはないが、どこの誰かだけ知っておきたい」というのであれば、探偵に身元調査だけを依頼することができます。

逆に「慰謝料請求を視野に入れているため、本名・住所のほか、不貞行為の証拠が欲しい」というのであれば、浮気調査+身元調査の依頼が一般的です。

探偵事務所SATでは、依頼主としっかりコミュニケーションをとった上で、調査内容を決定します。そのため、不要な調査を上乗せし、多額な料金を請求することはありません。どうぞご安心ください。

また、探偵に依頼するもうひとつのメリットは、配偶者や浮気相手にバレるリスクが低い点にあります。素人が携帯電話から浮気の証拠を探ったり、探偵の真似をして尾行を行ったりすることで、配偶者・浮気相手共に警戒心を抱かせてしまう可能性が高まります。

「浮気に気付かれたかも」と気付いた配偶者が、そのまま浮気相手と別れるケースもゼロではありませんが、実際のところは、警戒心が強くなりその後の証拠が掴みにくくなったり、浮気を疑っていることに逆切れしたりする可能性が高いです。

「浮気相手を確実に特定したい」「浮気相手の身元を把握し、慰謝料請求がしたい」とお考えの方は、まずは一度探偵事務所SATにご相談ください。一人で浮気相手を特定しようと頑張る必要はありません。

私たちは、浮気相手を特定したいとお考えの理由から、今度どうしていきたいのかといったことまで、親身になってお話をお伺いします。また、必要に応じてカウンセリングや弁護士との連携を行っています。

まずは、無料相談にてあなたのお悩みをお聞かせください。