探偵に浮気調査を依頼した場合、調べられる範囲どこまで?

探偵に浮気調査を依頼するにあたり、まず心配な点は「自分が本当に知りたいことを調べてもらえるのか」という部分ではないでしょうか。

探偵の浮気調査は一体どこまでわかるのか、その答えは、あなたが知りたいこと全てです。探偵は調査のプロです。本気になれば、どのような情報であっても調べ出すことができます。

しかし、「調べることができる=実際に調査可能」というわけではありません。実際に探偵が行う調査は、探偵業法に基づいた合法調査です。

「どのような依頼でもお引き受けします」「調査可能です」とうたう探偵事務所は、違法調査を行なっている可能性が高いため、ご注意ください。

法律を遵守した上で、調査可能な項目の詳細につきましては、「浮気・不倫調査(離婚)」のページをご確認ください。

【浮気調査の調査報告書】どこまで書いてくれる?

浮気調査に限らず、探偵の調査報告書には統一の基準はありません。そのため、探偵事務所ごとにフォーマットは異なります。

つまり、どこまで書いてくれるのか?その答えは「探偵事務所ごとに異なる」です。

具体的には

  • 調査対象者の氏名
  • 現住所
  • 勤務先
  • 調査目的
  • 調査実施日
  • 調査開始時間
  • 対象者の服装や体格等の特徴
  • 浮気相手の服装や体格等の特徴
  • 移動ルート(使用した交通機関名、通った改札、歩いたルートなど)
  • 訪れた店舗名、ホテル名と入退室時間

といった内容記載が一般的です。合わせて写真が添付され、調査報告書が完成となります。

ただし、記載内容や添付されている写真の質、文体などによっては、裁判の証拠として使用できない可能性があります。浮気調査から、慰謝料請求を想定している場合、細かなチェックが必要です。

初めて浮気調査を依頼する際には、依頼を検討している探偵事務所にサンプルを依頼することをおすすめします。

サンプルの重要性や、調査報告書をチェックする際の注意事項は、別ページ、「探偵の調査結果である調査報告書の重要性とサンプルチェックすべき内容」にて記載しています。ご確認ください。

【浮気調査のアフターフォロー】どこまでしてくれる?

浮気調査を依頼し、結果を待っているまでの間は気丈に振る舞っていたものの、いざ調査報告書を見た瞬間、緊張の糸がほどけ、戸惑ったり、今後どうすればいいか悩まれたりする人は少なくありません。

浮気調査を探偵に依頼するということは、配偶者の浮気に悩んでいるということ。周りの人に話すことができず、1人で悩みを抱え込んで来られた方も多いです。

探偵事務所のゴールは、調査報告書を渡すことではありません。探偵事務所SATでは、依頼主の本来の目的(離婚・復縁など)を果たすため、次にどうすれば良いのかを一緒に考え、背中を押すことをアフターフォローと捉えています。

【アフターフォローの内容】

浮気調査のアフターフォローは、主に次の4点です。

  • カウンセリング
  • アドバイス
  • 弁護士の紹介
  • 外部カウンセラーの紹介

依頼後「心の整理をしたい」「浮気の現実を受け止めきれない」と言われる方には、カウンセリングを、また「まず、何から始めればいいのか教えて欲しい」と言われる方にはアドバイスを、という風に依頼主の方の状況やお悩みに合わせて、随時対応しています。

また「裁判で慰謝料請求をしたい」という場合は弁護士の紹介、「夫婦関係をもう一度やりなおしたい」という場合は、夫婦で行くことができる外部カウンセラーの紹介も可能です。

探偵に依頼する浮気調査は、依頼者の目的に応じたサポートが可能!悩んだときは、まずは無料相談を

浮気調査を依頼する目的は「離婚したい」「裁判で勝ちたい」「浮気相手に慰謝料を請求したい」など、人によって異なります。しかし、探偵は合法的な範囲であれば依頼者の目的に応じた調査、調査報告書の作成、アフターフォローが可能です。

そのため、まずは自分が今抱えている問題をクリアにするには、どういった方法があるのか、無料相談にて尋ねることをおすすめします。

探偵事務所SATでは、依頼前のカウンセリングや相談を重視しています。依頼主の方に寄り添い、一緒に問題解決に向けて進むことが、私たちの目指す形です。

浮気調査に関する不明点や心配事、調査方法など、気になることがありましたら、何でもご相談ください。