探偵の浮気調査の成功率が、実はアテにならない理由

「浮気調査を依頼するのであれば、成功率が高いところにお願いしたい」と考えるのは、当然のことのように思えます。失敗が多い探偵事務所よりも、成功率が高い探偵事務所の方がしっかり仕事をしてくれそうなイメージもありますよね。

しかし、ここで問題となるのが「成功率」です。特に、浮気調査の成功率はアテにしないほうが良いでしょう。

そう断言してしまえる理由について、まずは見ていきましょう。

浮気調査の「成功率」は、あくまで自己申告

例えば、人探しであれば

  • 探していた人物が見つかった=成功
  • 探していた人物が見つからなかった=失敗

と、はっきりとした答えが出ます。そのため、客観的に見ても理解できる成功率が出しやすいのです。

しかし、浮気調査の場合はどうでしょうか?

ケース1

Aさんは離婚を目的として、浮気調査を依頼。不貞の証拠となる写真を受け取り、配偶者に見せたところ離婚に同意。しかしその後、浮気相手が不法侵入でAさんを訴える事態に。探偵の違法行為は直接Aさんに責任はないものの、その後も浮気相手からの嫌がらせが続き、精神的に参っている。

ケース2

Bさんは配偶者の浮気を疑い、調査を依頼。調査結果によると「浮気の証拠は発見できなかった」とのこと。一旦は安心したものの、休日出勤と偽った外出が続いたり、デートスポットと呼ばれる場所のレシートが出てきたりと、Bさんの心は落ち着かない。もしかして調査結果自体がデタラメだった可能性もある。

「成功率」という言葉だけを鵜呑みするのは危険

さて、どうでしょうか?

ケース1、2ともに、一旦証拠を提出し、依頼主が納得している段階で「調査成功」と言えなくもありません。しかしケース1の場合は、ずさんな調査が結果的に依頼主を苦しめることにつながっています。ケース2の場合は、そもそも調査が本当に行われていたのかもわかりません。

浮気調査の成功率の怖さは、こういった数字の操作が行われている点です。もっとひどいことを言えば、仮に嘘をついていても依頼主にはわからないという点です。

「成功率100%!」「成功率99%以上!」といった言葉は、依頼する側にとっては魅力的なものかもしれません。

しかし、その言葉だけを鵜呑みにするのではなく、あなた自身で信頼できる探偵事務所かどうかを考えることが大切です。

探偵の浮気調査を本当に成功させるために、何より重要なこととは?

浮気調査を本当に成功させたいのであれば、まずは成功率にこだわる考えを捨てることです。

本当に大切なことは、探偵事務所が自己申告している成功率ではなく、本当の意味での顧客満足度だと言えるでしょう。

リアルな口コミに勝るものはありません。もしも身近に、探偵事務所に依頼したことがある人がいれば一番良いのですが、実際には探偵に依頼したことを口外する人自体が少ないため、探すことは難しいでしょう。

しかし、だからと言ってネット上の口コミやブログの情報を全て鵜呑みにすることは、大変危険です。全てがウソだという訳ではありませんが、信ぴょう性にかける内容が多いことも事実です。

浮気調査を本当に成功させたいのであれば、全く知らない人の意見ではなく、自分が直接無料相談を依頼し、自分の目で確認して、探偵事務所を選びましょう。

「探偵事務所の選び方がわからない」とお悩みの方は、「失敗しない探偵事務所の選び方!信頼できる・避けるべき探偵の見分け方
のページをお役立てください。

浮気調査を依頼する際には、成功率よりもアフターフォローをチェック!迷った際には、まずは無料相談を。

浮気調査を依頼する場合、他の調査以上に「証拠を得た後どうするのか?」といった問題が発生することが多いです。

  • 裁判で慰謝料を請求したい
  • 離婚したい
  • 離婚はしたくないが、第三者を交えて配偶者と話し合いたい
  • 証拠を配偶者に見せたら、関係が修復できなくなりそうで怖い

など、その後どうするのかといった内容は、依頼主によって大きく異なります。実際、証拠だけを渡された場合、どれだけ予測していたとしても、戸惑い、どうして良いかわからなくなる方も少なくありません。

だからこそ、浮気調査を依頼する際には、調査の質はもちろんのこと、さらに結果が出た後のアフターフォローが必要となります。これは自己申告の成功率よりも、ずっと重要なことだと私たちは考えます。

探偵事務所SATでは、依頼前後のカウンセリングや弁護士と連携したアフターフォローに力を入れており、依頼主の方と同じ立場で、一緒に問題解決を目指します。

浮気調査に関するご質問、アフターフォローやカウンセリングに関するご質問など、何か気になることがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。