物を壊される、家の前にごみを撒かれる、怪文書が届くといった「嫌がらせ・いたずら・隣人トラブル」、極めて犯人の特定が難しい案件です。

かつ被害者本人による調査はさらなるトラブルを引き起こす可能性もあるため、確実な解決を望むなら、是非調査のプロである探偵に依頼してください。探偵なら犯人の特定はもちろん、示談や訴訟で解決するための証拠まで集めることができます。

「嫌がらせ・いたずら・隣人トラブル」の犯人特定が難しい理由

嫌がらせ・いたずらに限らずですが、解決には犯人の特定が必須です。しかし嫌がらせ・いたずらは基本的に人目を忍んで行われるため、簡単には誰が何の目的で行っているのかを突き止められません。

つい感情のままに怪しい人物に直接話をつけに行ったり、自分で張り込んで犯人を捕まえたりしてしまいたくなるでしょうが、実はそれは最大の悪手なのです。

張り込み・追跡調査はプロの技術が必要

まず第1の理由として、犯人を特定するための張り込みや追跡捜査にはプロの技術が必要であることが挙げられます。

何度も犯行が行われれば、素人にもある程度曜日や時間帯の予測がつきます。そこで自分で張り込んで犯行の証拠写真を撮り、できることなら現行犯で警察に突き出そうと思うかもしれません。

しかし相手にバレずに張り込んで確実な証拠をつかむのは、素人の技術ではまず無理です。もちろん捕まえるなんてもっての外。張り込みや追跡調査は、探偵のプロの技術があってこそ可能なのです。

しかも失敗すれば2度と犯人特定のチャンスはやってこないかもしれませんし、それどころか嫌がらせがもっと悪質化する場合もあります。

犯人が特定できても更なるトラブルが起こることも

素人の技術では調査が難しいとはいえ、犯人も素人。もしかするとうまく相手を特定できるかもしれません。

しかし、犯行の証拠を確実につかめるでしょうか。現行犯で捕まえるにしても、警察が来るまで犯人を足止め・拘束するような技術があるでしょうか。犯行現場の鮮明な写真が撮れたとしても、犯人が知らない人物だった場合、そこからどうやって相手を調べればいいのでしょうか。

犯人を逃がしてしまっては意味がありませんし、無理に捕まえようとしてケガをしたり、最悪の場合命を失ったりということも充分あり得ます。

嫌がらせの大元には犯人の恨みがある場合が多いので、当事者同士の直接の接触はどんな悪いことが起こっても不思議ではないのです。

警察に相談しても即解決とはならない

自分で特定が無理であれば警察に捕まえてもらおうと考える人も多いことでしょう。

実際、管轄の交番・警察署では相談・被害届などを受け付けてくれますし、熱心な警察官であればパトロールの回数を増やすなどの対策をとってくれます。そこから犯行が治まったり、犯人が逮捕されたりすることもないわけではありません。

しかし慢性的に人手不足の警察が、積極的に嫌がらせの捜査してくれることは稀です。

警察を動かすには、犯行の証拠と犯人を特定できる証拠が必要になってきます。そしてそれだけの証拠をつかむのは、素人には無理と言わざるを得ません。

「嫌がらせ・いたずら・隣人トラブル」被害の犯人捜し調査を探偵に依頼するメリット

素人の調査では嫌がらせの解決につながらないことはわかっていただけたと思います。そしてそれ以外にも、探偵に調査を依頼するメリットはあります。

プロの技術で確実に証拠までそろう

探偵は調査のプロです。技術はもちろんのこと、撮影機材なども一般家庭とは比べものになりません。証拠写真を撮るにしても、調査員が張り込む、暗視カメラを犯人に気づかれないように仕込むなど、場面に応じて適切な方法をとることができます。

これは犯人を特定するためもありますが、その後の解決策のために、確たる証拠を得る意味合いが強いです。

また逃げた犯人を追跡し、身元を調査することも探偵なら可能です。そうして集めた情報をもとに、依頼者は効果的な解決策を選べます。

肉体的・精神的負担がかからない

現場での張り込み調査は肉体的にも精神的にも非常に負担がかかります。

嫌がらせなどの犯行は人気の少ない深夜に行われることが多いですが、そんな時間に張り込んで、普段通りの生活が送れるでしょうか。

仕事や学業がおろそかになっては生活どころか人生にも大きな影響を及ぼしかねません。また慣れない調査が上手くいかず、何の手掛かりも得られないのに時間と体力だけが費やされるといったことも考えられます。

探偵に依頼すれば、そのような負担から解放され、もっと短い時間で大きな効果が得られます。

盗聴器発見・筆跡鑑定など特殊な操作も可能

嫌がらせはターゲットが留守の間に行われることも多いです。時間帯が定まらず、出かけたすきを何度も狙われるようであれば、盗聴器を仕掛けられていることも考えられます。

盗聴器発見は特殊な機材を用いますが、探偵であればそういった調査も可能です。盗聴器を発見できれば、それを利用し犯人を特定し、さらに効果的な作戦をとることもできます。

また怪文書などの筆跡鑑定や嫌がらせ電話の声紋鑑定などにも対応しているので、嫌がらせの多くのパターンを解決に導くことができるのです。

「嫌がらせ・いたずら・隣人トラブル」の犯人捜しを探偵に依頼する前に自分でできること

嫌がらせの犯人の特定や証拠集めには探偵に依頼するのが一番ですが、当事者(被害者)にできることが何もないわけではありません。

探偵に依頼する場合もそうでない場合でも、当事者にしかできないことがあります。

犯行に関することを記録・証拠品の保管

何より大事なのは、犯行に関する詳細な記録と証拠品の保管です。

記録すべきこと

  • 犯行の起きた場所・日時
  • できるだけ詳細な犯行内容
  • 犯行状況の写真
  • 目撃した様子・物音など
  • 犯人の心当たり(名前・住所・職業などもわかる限り)
証拠品

  • 壊された・傷つけられたもの
  • 手紙や音声など犯人の残したもの

これらは多ければ多いほど、詳しければ詳しいほど調査の役に立ちます。証拠品はできる限り現物が望ましいですが、どうしても保管できないものは写真や映像に収めてください。また犯人からの電話音声を録音できれば、強力な証拠となります。

防犯カメラの設置

プロ仕様の機材には劣るとしても、最近はカメラの性能もアップしているので、自分で防犯カメラを設置するというのも1つの手です。

犯人が知り合いであった場合は、証拠写真が数枚撮れればあとは弁護士に依頼するなり、警察に被害届を出すなりして解決することもできます。またカメラを設置しただけで犯人をけん制する効果も期待できます。

しかしデメリットもあります。

  • 証拠を押さえられるほどに高性能なカメラは高額
  • 設置・角度の調整などが難しい
  • 犯人が変装していれば特定できない
  • 全く知らない人物だった場合それ以上の調査は不可能

また警備会社に依頼するという方法もありますが、犯行の起きそうな時間帯を限定して警備を行うわけではないので、嫌がらせだけを解決したい場合には不向きです。強盗やその他の犯罪も含めた予防策なら警備会社、ピンポイントな事件解決には探偵という風に、場合や目的に応じて選ぶといいでしょう。

「嫌がらせ・いたずら・隣人トラブル」の犯人捜しを探偵に依頼~解決までの流れ

ではここで、実際に嫌がらせ事件の調査を探偵に依頼した場合、どういった流れで解決に向かうのかを説明します。

探偵に相談する

まずはメールなり電話なり直接訪問なり、都合のいい形で探偵に相談してください。その際、上で説明した犯行に関する記録なども持っていくと、意思の疎通がスムーズに進みます。

相談・依頼の際の注意などは、こちらの記事を参考にしてください。

調査計画を立てる

嫌がらせの主な調査方法
定点撮影 暗視カメラを設置して撮影する方法。調査員の派遣よりも低価格。
盗聴器発見調査 犯人がターゲットの行動を盗聴で把握している場合に必要な調査。
行動調査 調査員による張り込みと尾行。犯人に関する詳細な情報と確たる証拠が集められる。

被害状況などをもとに、何日間どのような時間帯にどんな調査をするか、調査計画が立てられます。そしてそこから料金もほぼ決定します。

この時点で疑問などがあれば積極的に質問し、納得いくまで話し合ってください。

正式な依頼・契約

調査計画や料金体系に納得がいけば契約となります。これについても、是非この記事をご一読ください。

調査・報告

調査が完了すれば、犯人と犯行に関する情報を証拠写真・音声などとともに、探偵から依頼者に報告します。調査内容が充分であれば次のステップに進み、不充分であれば再調査、あるいは契約破棄などの選択をとることになります。

解決策についての話し合い・アフターフォロー

探偵にできるのはあくまで調査のみです。そこで得られた情報や証拠を用いて、弁護士あるいは警察の協力のもと、嫌がらせの解決に向かうこととなります。

実績のある探偵は弁護士・警察にパイプを持っているので、その点でも頼りにしてください。示談や訴訟・告訴に向けても全力でバックアップします!

「嫌がらせ・いたずら・隣人トラブル」の解決のために探偵ができること

嫌がらせ・いたずらは、探偵の調査力が大きな効果を持つ案件の1つです。警察がなかなか動かないうえ、調査には特殊な技術を必要とし、多大な時間と労力を割かねばならないからです。

さらに人間の心の問題であることも多いため、単に警察に突き出して終わりとはいかないのもまた難しいところで、探偵のアフターフォローの力が試されます。

そのため探偵会社を選ぶ際には、調査力だけでなく弁護士・警察との連携などについてもしっかり確認し、解決への道筋がしっかり立てられる会社を選びましょう!