「専業主婦だから」「遠くに引っ越してきて知り合いがいないから」「浮気=男がするもの」などと、妻が浮気をするはずはないと安心していませんか?

浮気をするのは、今や男性だけではありません。近年、妻(嫁)の浮気に関する相談は増加傾向にあります。

その理由として、勤務先や同窓会といった出会いだけでなく

  • インターネットの普及(SNSや出会い系サイト)
  • 趣味や習い事関係での出会い
  • 子どもの学校行事関係での出会い(PTAなど)

など、妻(嫁)の出会いの場が広がったこと、LINEやメール、SNSのDMなど、個人的にやりとりできるツールが増えたことが考えられます。

「まさか自分の妻(嫁)が浮気するはずはない」「一時の気の迷いに違いない」といった思い込みは危険です。

ここでは、浮気に対する男女の考え方の違い、そして浮気調査を依頼するための準備、行動についてご紹介します。妻(嫁)が浮気しているかもしれないとお悩みの方、浮気調査(素行調査)を検討中の方は、まずは一度目を通してください。

夫と妻の浮気の違いとは?

女性の社会進出が進んだ現代では、浮気相手と出会う場所に関して、それほど男女差はありません。

しかし、男性が身体の浮気、家庭を壊すつもりはない浮気をすることが多い一方、女性の場合は心の浮気、浮気ではなく本気といったケースが多い傾向があります。

もちろん、全ての人に当てはまるわけではありません。しかし、ある日突然「妻と浮気相手が駆け落ちした」「帰宅後、突然離婚届を出された」というケースもあることから、浮気の兆候が見えた場合、すぐに行動に移すことが重要です。

妻の浮気を疑ったときに、夫がまずやるべきこととは?

あなたが妻の浮気を疑ったきっかけは、どのようなものでしょうか?妻の様子が以前と違う?外出が急に増えた?家のことに手を抜くようになった?

偶然見えた携帯電話画面に見知らぬ男性とのやりとりが残っていた、「愛している」「また会いたい」などの言葉があったなどのケースもあるかもしれません。

直接的なやりとりを発見した場合は、浮気をしている可能性はかなり高いと言えますが、だからといって突然問い詰めることはおすすめできません。

まずは、本当に浮気をしているのか、もしくは別の理由があるのかを調べるため、妻の浮気チェックをしてみましょう。

  • 携帯電話を肌身離さず持つようになった
  • 自宅にいるときでも通知音を消している
  • 仕事の残業、飲み会、出張が急に増えた
  • 「◯◯さんと出かけてくる」など、特定の女性の友人の名前を出すことが増えた
  • 夫のスケジュールを細かく確認するようになった
  • 連絡をせずに早く帰宅すると怒るようになった
  • 旅行などに誘っても嫌がるようになった
  • 性交渉を拒否するようになった
  • 夫が話す内容に関心を持たなくなった
  • 料理や掃除など、家事が明らかに手抜きになった
  • 服の趣味が変わり、下着が派手になった
  • 冗談で「浮気してないよね?」と尋ねたときに、本気で怒り出した
  • 他人の浮気、不倫の話題が出ると、話をそらす

あくまで一例です。しかし、当てはまる数が多ければ多いほど浮気をしている可能性が高いと言えるでしょう。

妻(嫁)の浮気発覚後に夫が考えるべきこととは?

妻(嫁)が高確率で浮気をしていることがわかった場合、次に夫であるあなたがやるべきことは「これからどうするか」を考えることです。

行動の一例をご紹介しましょう。

  • 妻が浮気した原因は自分にある。自分も反省するが、妻にも相手と別れて欲しい
  • 浮気相手には慰謝料を請求したいが、妻とは別れない
  • 妻と浮気相手、両方に慰謝料を請求し、離婚したい

例えば、夫が以前浮気をしていたことが原因で、妻が現在浮気をしている場合、セックスレス期間が続き、妻が不満を抱き浮気に至った場合など、少なからず夫側にも原因があるといったケースもあります。

だからといって浮気、不貞行為が容認されるわけではありませんが、素直に以前の行為を反省した上で妻と話し合い、夫婦関係が改善されたという事例もあります。

しかし「浮気相手に慰謝料を請求したい」「2人に慰謝料を請求し、離婚したい」という場合は、浮気の証拠、不貞行為の証拠が必要です。証拠がない段階で妻(嫁)に詰め寄ることで、逆ギレされたり、警戒心が強くなり証拠がとれなくなったりする可能性があるため、注意してください。

浮気の証拠を集めるための方法につきましては、下記ページに詳しい内容を掲載しています。どこまで自分で調べることができるのか、またどこから探偵に依頼した方が良いのか、合わせてご確認ください。

浮気調査(素行調査)を成功させるには、信頼できる探偵事務所との出会いが重要

ある程度の証拠が集まったら、または集めながらあなたが同時進行でやるべきことは、依頼する探偵事務所を探すことです。

インターネットで検索した場合、様々な探偵事務所が見つかります。しかし、雰囲気だけで依頼先を絞り込むことは、おすすめできません。

まずは

  • 金額に見合う調査内容かどうか
  • 探偵との相性が良いかどうか
  • 調査報告書の質、内容に納得できるか
  • 無理に契約を迫ろうとすることはないか

といった点を中心に、複数の探偵事務所で見積もりをとることをおすすめします。

探偵事務所の選び方に関しましては、下記ページにてより詳しい内容を記載しています。こちらもぜひ参考にしてください。

また、下記ページでは、無料相談前にやるべき内容、そして依頼前に準備と確認が必要な理由について詳細に記載しています。合わせてご確認ください。

探偵に相談する前に妻が浮気するタイミングを整理しておく

また、妻(嫁)に関する情報や、浮気相手に関する情報を知っている限り伝えることは重要ですが、同時に他の調査以上にポイントとなるのが、あなたが妻に伝えているスケジュールです。

妻が浮気するタイミング=夫であるあなたが留守にしている時間帯と言えます。

例えば

  • シフト制の仕事のため、夜勤がある
  • 定期的に宿泊を伴う、遠方への出張がある
  • ◯曜日は、企画会議があるため、終電ギリギリで帰宅する
  • ◯曜日は、ジムに通っているため、帰宅時間が決まっている
  • いつも会社を出て最寄駅に着くと帰宅メールを送っている

といった情報は、あらかじめ整理しておきましょう。この時間帯に、妻は浮気相手と会う、連絡をとるといった可能性が高いです。探偵が張り込み、尾行の計画を立てる際にも非常に役に立ちます。

妻(嫁)の浮気調査(素行調査)を成功させるためには、事前準備と探偵事務所選びが重要!

男性に比べ、女性は嘘が上手いと言われることがあります。そのため、妻が静かに離婚準備を進め、浮気相手との再婚を計画していたことに気付かなかったというケースも実在します。

だからこそ、妻(嫁)が浮気をしているかもしれないと思ったら、すぐに行動することが大切です。仮に、浮気を許すにしても、慰謝料を請求するにしても、先に浮気の証拠を掴んでおきましょう。後に裁判や示談、話し合いなど交渉する機会が訪れた際に、物事を有利に運ぶことが可能です。

探偵事務所に浮気調査を依頼するまでの流れを、もう一度まとめておきましょう。

  • 1.妻(嫁)が浮気をしているのか、チェックする
  • 2.浮気が事実の場合、自分はどうしたいか(離婚、慰謝料請求など)を考えておく
  • 3.可能な限り、浮気に関する情報を集める
  • 4.信頼できる探偵事務所を探し、無料相談を行う
  • 5.探偵事務所に浮気調査(素行調査)を依頼する

妻の浮気調査を成功させ、求めている証拠を得ることができるかどうかは、依頼主の事前準備と探偵事務所選びが重要です。

探偵に依頼した後、調査中に依頼主が気をつけるべき行動や注意点もありますが、最初のスタートによって、調査期間や証拠の精度が大きく変わることを知っておいてください。

探偵事務所SATでは、妻(嫁)の浮気調査に関する様々なお悩み、ご相談をお受けしています。

すでに浮気に関する情報を得ている方はもちろん「浮気相手に関する情報は全く得られていないが、一度妻の浮気について相談したい」といった方や「浮気の事実を知り、動揺している。何から始めれば良いかわからない」という方に向けても、証拠収集のアドバイスや現在の状態でご依頼いただいた場合どういった調査が可能かなど、具体的な内容をお伝えします。

探偵事務所SATでは、強引な契約を迫ったり、決断を急がせたりすることはありません。現状の内容や依頼内容をお伺いした上で、依頼主の意思を尊重していますので、どうぞご安心ください。

また、不貞行為の証拠獲得だけではなく、夫の留守中の妻の行動や日常の生活態度といった調査にも対応可能です。子どもの親権をとるためにどうすればいいか知りたいといった法律に関するご相談につきましては、探偵事務所と連携している弁護士のご紹介も行なっていますので、合わせてご利用ください。